宗教改革ははいつからいつまで起こったもの?

宗教改革はいつからいつまで続いたのですか?

歴史的に「宗教改革」と呼ばれる改革運動は、1517年ルターが『九十五か条の論題』を発表したことをきっかけに始まりました。

 

カトリック教会の腐敗や贖宥状(免罪符)の販売を批判する内容

 

この内容が当時の活版印刷により、まずドイツ中に広まり宗教改革を引き起こし、それが全ヨーロッパに拡大

 

各地で改革運動が進展し、その間宗教対立に端を発する多くの宗教戦争が発生しました。

 

その改革運動は1648年、三十年戦争の講和条約「ヴェストファーレン条約」でカトリックとプロテスタントの争いに終止符が打たれるまで続いたのです。