古代ギリシャのトイレ事情とは?

ミノア文明の遺跡から木製の便座が確認されている

 

排泄行為は全ての生物が行う共通の生理現象であり、文明が発祥する前から、川や穴など「トイレ」に相当する場所というのは存在し、使われてきました。しかし現在私たちが日常的に使っている、便座や下水道が備えられた「水洗型トイレ」の原型ができたのは、およそ6000年前といわれています。

 

古代ギリシアにトイレはなかった?

最古のギリシア文明の1つであるミノア文明(紀元前2600年頃〜前1400年頃)の遺跡からは木製の便座が見つかっていますが、ポリス社会以降(紀元前9世紀頃〜)のギリシアにおいて、トイレというのは一般的ではなかったようで、最も多くの記録が残っているアテナイからでさえ、排泄専用の設備や下水施設の遺構は見つかってません。

 

人々は路地裏などで用を足していたようで、アテナイの街は常に不衛生だったようです、ペストや天然痘といったような疫病蔓延の原因となり、前430年夏の大流行では人口の3分の1にあたる30万人が死亡する悲劇に見舞われています。古代ギリシア衰退の原因としてこの不衛生、トイレの不備が挙げられることすらあるくらいです。

 

反面、のちにギリシアを征服することになるローマは、クロアカ・マキシマが代表するように、上下水道網が高度に発達しており、公衆トイレの整備も進むなど、公衆衛生の意識は高かったようです。