アリス・ギイとは何をした人?〜世界初の女性映画監督兼製作者〜

 

アリス・ギイの基本情報

 

本名:アリス・ギイ=ブラシェ
誕生:1873年フランス
死没:1968年アメリカ
代表作品:『キャベツ畑の妖精』

 

アリス・ギイ(1873年 - 1968年)は映画草創期を代表するフランスの映画監督です。世界初の女性映画監督兼製作者であり、リュミエール兄弟やジョルジュ・メリエスに並ぶ映画界のパイオニアとして知られています。
パリ郊外ヴァンセンヌの森近郊に生まれ、大手映画会社ゴーモンの秘書として映画界入り。やがて同社で映画製作を任されるようになりました。1896年最初の監督作品である『キャベツ畑の妖精』の制作を手がけ、当時にしておそらく世界で唯一の女性映画監督となっています。以後監督として如実に頭角をあらわし、1906年のミラノ万国博覧で金メダルを受賞、1910年には自身の映画会社も設立しました。1922年、同じく映画監督の夫ハーバート・ブラシェとの離婚にともない引退しますが、彼女はそれまでに1000本もの映画製作に関わり、映画史に計り知れない影響をもたらしたのです。