トルコ料理の特徴

トルコ料理の特徴

トルコ料理といえば、日本ではケバブや伸びるアイスを知っている方は多いと思います。

 

しかし、それ以外の料理はあまり馴染みがありません。

 

しかし、トルコ料理は世界三大料理の一つにも数えられるほど有名で、ヨーロッパと中央アジアの食文化を融合させた独自の味付け、調理法がありとても奥深いです。

 

そこで、この記事ではトルコ料理の特徴について詳しく紹介していきます。

 

 

肉料理が中心

様々な動物の肉が用いられますが中でも羊肉が中心です。トルコ人の先祖は中央アジアの遊牧民でした。

 

羊は遊牧民が最も多く飼育する家畜で、その頃の名残で現在も羊肉が多く食されています。

 

また、トルコはイスラム教国ですので、豚肉はほとんど用いられません。

 

海産物が豊富

トルコは黒海、エーゲ海、地中海の三つの海に囲まれています。 そのためとても海産物が豊富です。

 

いわし、たい、エビ、タコ、イカ、ムール貝などを使った料理がたくさんあります。

 

小麦粉と米の両方を食べる

主食はパンです。米も食べられますが、主食ではなく付け合わせや料理の具材として使われます。

 

ヨーグルトはトルコが発祥

トルコでヨーグルトは日常的に食べられています。そのまま食べるのはもちろん、調味料としても利用されます。

 

そして日本のヨーグルトはほぼ牛乳をもとに作られますが、トルコでは牛・羊・山羊・水牛の4種類の原料があります。

 

 

ギリシャ料理ハンガリー料理フランス料理アイスランド料理イタリア料理オーストリア料理ブルガリア料理ノルウェー料理ルーマニア料理ロシア料理トルコ料理ポルトガル料理スペイン料理アイルランド料理イギリス料理オランダ料理スイス料理ドイツ料理スウェーデン料理デンマーク料理フィンランド料理ベルギー料理