ギリシャ神話における「海の神」とは?

ギリシア神話には様々な神が存在しています。戦いの神、愛の神などの人間の行動に関わる神などの他に、大地の神、風の神など、自然そのものの神も数多く出てきます。

 

 

海だけではない?海の神ポセイドン

ポセイドンもその一柱で、海を司る神です。ゼウスの兄弟であり、ギリシャ神話の主であるオリンポス十二神の一柱です。

 

海洋だけではなく、地下水をも支配していたとされ、泉の守護神でもあります。

 

ギリシャの古代民族であるペラスゴイ人が信仰していた大地の神(地震の神)がそのモデルではないかと考えられ、海だけではなく地震の神でもあり、全大陸への支配力も強かったとされています。そこから、競馬の守護神、塩の神としても扱われます。

 

トリアイナという三又の矛を持っており、それによって自在に大津波や地震を引き起こします。

 

馬を作って人間に乗馬を教えたり、塩水の井戸を沸かせたりもしますが、非常に荒々しく粗暴な性格だったとされ、そのせいで海の女神アムトピリテーに求婚を断られたという逸話も。

 

また、人間たちを罰するために海の怪物を寄越して大暴れさせることもあります。

 

ネプチューンと同一視?

ポセイドンは、ローマ神話のネプチューンと同一視されています。ネプチューンも海の神なのですが、古代ローマでは最初は馬の神として崇められていました。こちらも競馬の守護神とされています。

 

また、日本では海王星と呼んでいる太陽系の一番外側の惑星は、ほとんどの国でネプチューンという名称が用いられていますが、現代でもギリシャではポセイドンと呼ばれています。