パエリアの起源と歴史

「パエリア」は地中海に面したバレンシア州の名物料理。

 

「パエジャーラ」と呼ばれる持ち手がふたつ付いた平底の浅いフライパンで米、野菜、魚介類、肉などを炒めて、サフランを加えて炊きます。

 

スペイン料理と言えばパエリアを思い浮かべる日本人が多く、日本でよく知られています。

 

パエリアの起源と歴史を見てみましょう。

 

 

スペインに米をもたらしたのはイスラム教徒 

パエリアに欠かせないのが米です。

 

米は中国が原産ですが、ゲルマン民族の大移動などの混乱期を経て、7〜8世紀に地中海に領土を拡大したアラブ人がイベリア半島に稲作をもたらしたと言われています。

 

スペインは温暖な気候なため稲作に適していて、ローマ人が建設した灌漑設備が残っていたことから地中海沿岸のバレンシア近郊で稲作が始まりました。

 

スペイン南部は700年代から1400年代後半までイスラム勢力による支配が断続的に行われ、イスラム文化が浸透していた地域。

 

米を食べる文化もイスラムの影響を受けたものです。

 

パエリアの起源はバレンシア 

パエリアと言えばエビやムール貝などがふんだんにトッピングされた魚介のパエリアや、真っ黒なイカスミパエリアが知られていますが、実はパエリアの起源と言われているものは異なっています。

 

パエリアの起源は稲作がもたらされたバレンシアで、農民が水田の周りで捕れる鶏やウサギ、野菜を入れて米と一緒に炊いたのが始まりだと言われています。

 

現在でもバレンシア風パエリアは、鶏やウサギ、モロッコインゲン、平たい白いんげん豆、トマトを使ったもの。

 

海の幸ではなく、山の幸が使われたパエリアなのです。

 

パエリアは大勢で楽しむ休日ランチ 

スペインでは、週末に家族や友人が集まって食卓を囲む料理と言えばパエリアというほど定番中の定番で、パエリア調理用の窯がある家庭も珍しくありません。

 

パエリアを作るためには薪割りや火起こしなどの力仕事が必要なことから、パエリアは男の料理※とも言われ、日ごろ忙しい奥さんの代わりに、週末に旦那さんがパエリアを作るのがバレンシアではよくあります。

 

スペインでは昼食に2時間くらいかけるため、パエリアを食べながらにぎやかに談笑する風景がよく見られます。

 

※パエリアを炊く人のことを、女性なら「パエジェーラ」、男性なら「パエジェーロ」と呼びます。