アレクサンドル1世とは何をした人?〜神聖同盟を提唱〜

 

アレクサンドル1世の基本情報

 

本名:アレクサンドル・パヴロヴィチ
誕生:1777年サンクトペテルブルクにて
死没:1825年タガンログにて
王朝:ホルシュタイン=ゴットルプ=ロマノフ朝
在位:1801年3月23日 - 1825年
政策:ウィーン会議で神聖同盟を提唱

 

アレクサンドル1世(1777年〜1825年)はロシア皇帝で、ナポレオン戦争期にナポレオンのロシア侵略を食い止め、戦後のウィーン体制をリードした人物として知られます。即位後は啓蒙専制君主の代表として有名な祖母エカチェリーナ2世の影響で自由主義的改革を推し進めましたが、ナポレオン戦争の勃発により中止を余儀なくされます。戦後のウィーン会議においては、モスクワ遠征阻止でナポレオン失脚のきっかけを作ったことで大きな発言力を得て、ウィーン会議をリード。そしてウィーン体制下では神聖同盟の盟主として、一転自由主義者を抑圧するようになってしまったのです。