トルコ料理が世界三大料理の1つになった理由とは?

世界三大料理はフランス料理と中華料理とトルコ料理です。

 

日本人にとってはフランス料理と中華料理は馴染みが深いですが、トルコ料理はなぜ入っているのだろうと疑問に思う方も多いかもしれません。トルコ料理がなぜ三大料理の一つになっているのか紹介していきます。

 

 

そもそも世界三大料理とは誰が決めたの?

世界三大料理は世界で人気のある料理が選ばれたというわけではありません。ヨーロッパの料理研究家などが、一定の基準に達した料理を選んだとされています。その基準は次の通りです。

 

  • 宮廷料理として発展した
  • 土地が広く食材が豊富
  • 貿易が盛んで、他の国々から食料を簡単に手に入れることができる
  • 文化の中心地で、他の国々に大きな影響を与えた
  • ・食への関心が高い

 

しかし、これらは昔に定義されたと言われているため、現代の世界的な知名度や評価とは必ずしも一致しないとされています。

 

トルコ料理はオスマン帝国の宮廷料理から

オリエント世界に覇権を築いたオスマン帝国は、アジアやヨーロッパから高価な食材や優秀な料理人を宮廷に集め、料理をさせたことが、トルコ料理の歴史に大きな影響を与えました。

 

またトルコはヨーロッパとアジアの境目にあり、 東洋と西洋の往来には必ずトルコを経由します。そのためトルコを様々な民族が行き来するため、様々な食材や調理法も集まってきました。

 

そのためトルコ料理というのは、現地以外でも、ヨーロッパやアジアの影響も受けつつ独自の発展を遂げた料理といえるのです。

 

広大な土地で取れる幅広い食材

トルコの国土は日本の2倍ほどあり、地中海沿岸や砂漠地帯など地域によって気候が大きく異なり、採れる作物も異なります。

 

肉や魚介類も豊富で、様々な食材が用いられています。