大航海時代が東南アジアにおよぼした影響とは?

 

 

東南アジアとはアジアの南東部を占め、ベトナムやマレーシア、シンガポール、タイ、カンボジアなどの国がある熱帯・亜熱帯地域です。

 

東西交通の要衝として古来から商業的・政治的・軍事的に重要視されてきた地域でもあり、大航海時代以降はヨーロッパ列強による利権争奪戦が繰り広げられるようになりました。

 

ヨーロッパ列強による植民地化と商業革命

大航海時代の始まりとともに、東南アジアを舞台に行われた香辛料貿易は、インド航路の発見で真っ先にこの地域の支配を確立したポルトガル・スペインら大西洋沿岸諸国に莫大な富をもたらしました。

 

ヨーロッパにおける貿易・商業の主役が、イタリアやギリシャなど地中海沿岸諸国から、ポルトガルやスペインなど大西洋沿岸諸国に移る歴史的な大変革は商業革命と呼ばれています。

 

そして近代までに東南アジアほぼ全域が、ポルトガル・スペイン・オランダ・フランス・イギリスなどヨーロッパ列強により植民地化されていったため、独立を果たした今でも文化的・政治的にヨーロッパの影響が強く残っています。