オランダと中国の関係

オランダと中国の正式な外交関係は1954年から始まりますが、中国とオランダの交流自体は17世紀から始まっていました。

 

当時オランダは「オランダ海上帝国」と呼ばれるほどに交易圏を拡大しており、オランダ人商人が広州と台湾の西海岸に交易所を設置し、商業活動に営んでいたのです。

 

経済関係

オランダは、中国におけるウイグル人や少数民族の弾圧を非難するUNHRCへの共同書簡に署名するなど、中国政府に対して批判的な姿勢もありますが、経済関係の深さから、基本的には友好関係を維持しています。

 

オランダはEU諸国の中で中国にとって3番目に大きな貿易相手国となっている他、オランダ企業による中国への投資も莫大で、オランダ経済にとって中国は重要な位置を占めているのです。

 

だからこそ、1980年代台湾に潜水艦を輸出していたオランダが、中国からの抗議を受け撤回したり、2014年に習近平主席を国賓として招待したりと、良好な経済協力を維持するための妥協・努力もしているのです。