イタリア料理

イタリア料理は19世紀末に日本に初めて伝わり、戦後急速に普及していきました。今では「イタ飯」「イタリアン」の愛称で老若男女問わず好まれ、低コストで美味しく、ファミリーやカップルで気軽に通える外国料理として大人気です。「イタリア料理」というもの自体が無形文化遺産にも登録されるほど高い評価を受けており、イタリアを代表する文化の一つといえるでしょう。

 

 

イタリア料理の特徴

地域性が強い

イタリアは小国分立時代が非常に長かったので、料理文化については地域ごとの独自性が強く、安易に「イタリア料理」という分類でくくれないという側面があります。イタリアは南北に長いため、地理的・気候的に多様性に富んでいます。そのため使われる食材に地域性が出やすく、北部ではリゾット、ポレンタといったバターやクリームを使用する料理が、南部ではパスタ、ピザといったオリーブやトマトを使用する料理が、地中海沿岸地域では魚、タコ、イカなど様々な魚介を使う料理が発達しています。

 

郷土料理が多い

イタリアは小国分裂時代が非常に長かった影響で、同じ国でも地方、コムーネによって文化的差異が大きいです。そのため、一口にイタリア料理といっても、シチリア料理、ナポリ料理、ジェノヴァ料理など、多様な郷土料理が存在するのが特徴です。

 

素材本来の旨味を活かす

イタリア料理全般に共通するのは、トマト、タマネギ、ジャガイモ、ニンジン、ナスなど野菜をふんだんに用い、調味料や油は控えめに、素材本来の旨味を活かす、という点です。シンプルな味付けなので、家庭でも気軽に作ることができるのが魅力の1つです。

 

栄養価が高い

イタリア料理は魚介、果物、野菜など地中海性気候で育つ多種多様な食材を使った、栄養バランスに定評のある地中海食の1種としても知られます。南イタリアで多用されるオリーブオイルは、体内の炎症を抑えたり、コレステロールの低下を促す作用があるといわれています。

 

 

イタリア料理の歴史

最古のイタリア料理レシピ作成

イタリア料理の起源は古代ローマ時代まで遡ります。1世紀頃のローマの富豪・アピキウスによる調理書が写本として遺されており、これはイタリア料理最古のレシピといわれています。

 

フランス料理のベースとなる

16世紀にはフランスの宮廷でイタリア料理がふるまわれ、のちに世界三大料理の1つとなるフランス料理のベースとなりました。

 

トマトソースやパスタの普及

そして17世紀になると、今やイタリア料理としてお馴染みとなっているトマトソースやパスタが普及し、それにともない、上流社会では四本歯のフォークでパスタが食されるようになりました。それまで手食が一般的だったヨーロッパで、食器が使われるようになるきっかけにもなったのです。

 

南部イタリア料理の世界的普及

19〜20世紀にかけ、不況にあえぐ南部イタリアの出稼ぎ労働者により、世界各地に南部の伝統料理が伝えられました。イタリア料理=オリーブやトマトを多用するというイメージが定着したのは、これらの食材を多用する文化が南部で主流だったからなのです。

 

日本にてイタリア料理店開業

日本最古のイタリア料理店は1880年に新潟市でピエトロ・ミリオーレが開業したイタリア軒です。ピエトロ・ミリオーレは明治時代の1874年に来日し、日本の文明開化政策の一環として支援を受け、イタリア料理店を開業しました。ピエトロ・ミリオーレ亡き後も繁盛し、20世紀後半にホテル業に事業拡大。今なお「ホテルイタリア軒」として営業が続けられています。

 

イタリア料理のマナー

イタリアでは食事作法にも気が使われます。食事の際は、椅子に座りテーブルで行い、料理は各自の皿に盛り付けます。大皿に盛られる場合最初に取り分けるのが基本です。

 

そして皿は手に持たず、フォークとナイフで食べ物を口元に運びます。スープはスプーンで手前から奥に動かしてすくって食べ、皿を手で持ってすするようなことはしません。いずれの食器を使う場合も、使う際カチャカチャと音を立てないことが重要です。

 

その他のイタリアンマナー

  • ナプキンが用意されていたら、二つ折りにして膝の上にかける。
  • 貝などは利き手で抑え、フォークでかき出す。手が汚たらナプキンで拭く。

 

 
dummy
ボローニャ料理の特徴とは?〜パスタ料理文化のメッカ〜

ボローニャはイタリア北部、エミリア・ロマーニャ州にある都市です。エミリア・ロマーニャ州は、「イタリアの食料庫」と呼ばれるほど食料生産がさかんな地域。そんな州の州都であるボローニャは美食の聖地として「肥満都市」の別名も持ち、街にはそこかしこに美味しい料理店、食品店が溢れています。ボローニャ料理の食材ボローニャの属するエミリア・ロマーニャ州は、温暖湿潤気候で、降水量や地質などが小麦栽培に絶好の環境です...

Read More
dummy
ジェノヴァ料理の特徴とは?〜バジルソースで有名〜

ジェノヴァはイタリア北西部の、地中海・リグリア海に面するリグーリア州の港町です。中世に海洋都市国家として繁栄し、一時はサルデーニャ島やコルシカ島、クリミア半島をも勢力下に置くほど海上覇権を広げました。そのように海港都市として発展してきた背景から、シーフード料理が発達しており、鰯をオイル漬けしたアンチョビ、干したタラを塩漬けにした保存食バカラ、魚介スープのブリッダなどが有名です。ジェノヴァ料理一覧ペ...

Read More
dummy
ミラノ料理の特徴とは?〜子牛を多用〜

ミラノはイタリア北部に広がるロンバルディア州最大の都市。国内最大の工業都市として有名ですが、実は食料生産がさかんな農業都市でもあります。ロンバルディア州には、肥沃な農耕地帯が広がっており、ミラノにはそれを背景とした多様な食文化があるのです。ミラノ料理一覧カツレツ(Costoletta)ミラノの郷土料理の特徴は、「肉類(とくに子牛)をふんだんに使った料理が多い」ということです。ロンバルディア州の広大...

Read More
dummy
ナポリ料理の特徴とは?〜トマトやオリーブを多用〜

ピザ、マカロニ、スパゲティなど、イタリア料理として世界的に認知される料理の多くはナポリ発祥です。これは20世紀以降、不況にあえぐ南イタリアから海外に出稼ぎに出る移民が大量に発生し、世界中にナポリ料理が伝わったためです。ここでは改めて、ナポリ料理とはどんなものか見ていきましょう。ナポリ料理の食材トマトやオリーブを多用イタリア料理といえば、トマトやオリーブオイルを多用するイメージが強いと思うのですが、...

Read More
dummy
シチリア料理の特徴とは?〜アラブ料理の影響〜

シチリア州(シチリア島)は、イタリアの西南に位置するイタリアの一地方であり、地中海最大の島でもあります。地中海の真ん中に位置するシチリアは、古代から中世にかけ、アラブ世界からの文化流入がさかんに行なわれた場所です。そのため食文化にもアラブの影響がみられ、代表的なシチリア料理の1つ「クスクス」は、北アフリカのアラブ料理に由来しています。シチリア料理の食材シチリア料理にはシチリア特有の気候と風土により...

Read More
dummy
トリノ料理の特徴とは?〜チーズやバターを多用〜

ピエモンテ州は肥沃な農耕地帯であり、食料資源が豊富。州都トリノには、様々な郷土料理が存在します。16世紀頃、サヴォイア王家に振る舞われたフランス宮廷料理を基礎に発展した歴史的背景を持ち、一般にイメージされる典型的イタリア料理(トマトやオリーブを多用する)と異なり、バターやラード、チーズ、牛乳といった乳製品を多用するのが特徴です。トリノ料理一覧モンテーボレ(Montebore)牛乳と羊乳を混ぜて作る...

Read More
dummy
ヴェネツィア料理の特徴とは?〜魚介を多用〜

ヴェネツィアは、イタリア北東部に位置する、ヴェネト州の州都です。干潟に築かれた「水の都」として知られ、中世以降、東方貿易で大いに繁栄し、「アドリア海の女王」として地中海を我が物にしていました。海港都市として発展してきた都市だけあり、古くから漁業が盛んで、魚や貝、甲殻類、軟体動物など海産物を利用した料理文化が発達しています。ヴェネツィア料理一覧イカ墨スパゲッティ(Spaghettialle sepp...

Read More
イタリアンスパゲッティとナポリタンの違いとは?

「イタリアンスパゲッティ」と「ナポリタン」は、どちらも日本発祥のスパゲッティ料理です。玉ねぎ、ピーマン、マッシュルーム、ウインナー、ベーコン等を炒め、麺とケチャップを絡めたスパゲッティを「イタリアンスパゲッティ」や「ナポリタン」と呼びます。しかし、なぜ同じ製法なのに複数の呼び方が存在するのでしょうか。以下、簡潔に解説致します。イタリアンスパゲッティとは一般的にナポリタンと呼ばれているものを、「関西...

Read More
イタリアンピザとアメリカンピザの違いとは?

皆さんが普段口にしているピザは、主に「アメリカンピザ」と呼ばれているものだということをご存じでしょうか。日本では宅配ピザチェーン店が多く展開されており、私たち日本人には欠かせない食文化となっています。しかし、ピザの種類まではあまり意識したことがない、という方が多いはずです。そこで「イタリアンピザ」と「アメリカンピザ」。双方の違いは何なのでしょうか。2種類のピザの違いについて、簡潔に解説していきます...

Read More
dummy
「イタリア料理といえばトマト」となったのはなぜ?

イタリア料理といえば、トマトがよく使われています。しかし、実はトマトがイタリア料理に使われるようになったのはわずか約200年前であり、とても最近のことなのです。ここでは、イタリア料理でトマトが使われるようになった経緯を解説していきます。トマトの伝来イタリアに初めてトマトが伝わったのは、16世紀中頃のナポリでした。トマトの原産地は元々南米で、コロンブスが新大陸を発見してからヨーロッパに伝来したのです...

Read More
dummy
イタリア料理とフランス料理の違いとは〜実は歴史的に密接?〜

イタリア料理とフランス料理は、どちらも世界中で大人気の料理です。二つの料理は同じヨーロッパのものでありながら、それぞれ違いがあります。しかし、実は歴史的に密接していることは知っているでしょうか。ここでは、イタリアとフランス料理の違いや関係性について紹介します。調理法の違いイタリア料理イタリアは素材を生かした調理が特徴です。気候が温暖で三方が地中海に面していたことから、新鮮な食材が多く手に入ったため...

Read More
dummy
イタリアンにおけるコースの順番は?

イタリアンのコース料理というとあまりなじみがないかもしれませんが、フレンチと同じようにコースがあります。ここでは、イタリアンにおけるコース料理の順番を紹介します。1.アンティパストいわゆる前菜です。「食事の前の一皿」という意味があります。次のパスタ料理が来るまでのつなぎなので、サラダ、カルパッチョなど簡単な物が出されます。冷たい前菜から、温かい前菜という順で出されることが多いです。2.プリモピアッ...

Read More
dummy
発祥はやはりイタリア?ピザの歴史を知ろう

ピザは世界中で食べられている人気の食べ物ですが、発祥の地はどこにあると思いますか。やはり、イタリアでしょうか。ここではピザの歴史を紹介したいと思います。ピザの原形は古代エジプトで誕生ピザのルーツは、紀元前3000年の古代エジプトにあると言われています。古代エジプトでは当時から小麦を水で溶き、発酵させて焼いた物がすでに食べられていました。平らな丸い形にした後、石窯に貼り付けて焼いており、作り方や形が...

Read More
dummy
イタリアにはリゾット以外にも米料理はあるの?

イタリアの米料理といえばまずリゾットが思い浮かびますが、リゾット以外にも米料理はあるのでしょうか。実は、イタリアでは様々な種類の米が栽培されており、粒の大きいものはリゾットに、小さいものはお菓子にするなど、米料理にもバリエーションがあります。今回はイタリアの米料理を紹介します。お米のサラダ米をパスタのようにゆでて、塩コショウやオリーブオイル、レモン汁で味付けします。そこに、ハムやチーズ、トマト、パ...

Read More
dummy
イタリア料理の歴史を簡単に解説

イタリア料理は、現在では世界中で親しまれています。有名なパスタやピザをはじめ、「イタリアにはイタリア料理というものが存在しない」というほど、地域ごとに様々な料理が存在します。では、イタリア料理はどのように発展し、広まっていったのでしょうか。ここでは、イタリア料理の歴史を簡単に解説していきます。イタリア料理の発祥イタリア料理の歴史はとても古く、紀元前の古代ローマ帝国までさかのぼります。古代ローマの人...

Read More
dummy
イタリアンのテーブルマナーの基本のキ

イタリアンは庶民的・カジュアルで親しみやすいというイメージを持つ方も多いかもしれませんが、やはり格式高いレストランでは一定のテーブルマナーが存在します。ここではナプキンやフォークといったカトラリーの使い方など、基本的なイタリアンのマナーを紹介したいと思います。ナプキンの使い方食中ナプキンは前菜が来る前に、広げて膝に置く。(二つ折りにして折り目が手前にくるように)ナプキンは基本的に手や口もとが汚れた...

Read More
dummy
日本におけるイタリアン普及の歴史

世界中に大人気のイタリアンは日本でも人気で、イタリアンレストランも数多くあります。日本でイタリアンはどのように普及していったのでしょうか。今回は日本におけるイタリアンの歴史を紹介します。イタリアンレストランの広がり日本で最初のイタリアンレストランは、1881年、新潟県にてイタリア人ピエトロ・ミリオーレが創立した「イタリア軒」です。その後、日本各地にイタリアンレストランが広まったのは1950年以降で...

Read More
ページの先頭へ戻る