ギリシャ神話における「太陽神」とは?

人々は昔から自然の中の大きな力、見えない存在を神として崇拝してきました。その中でも神話において太陽神は特に重要視されてきました。

 

ですが、ギリシャ神話においては神々は非常に人間くさく描かれていることが特徴であり、あまり他の神話や宗教ほどは絶大に崇拝される存在というわけではありません。

 

そして、ギリシャ神話には太陽神とされる神が複数存在するのです。

 

 

ギリシャ神話の太陽神一覧

ヘリオス

ギリシャ神話における太陽神といえばヘリオスがが有名で、「ヘリオス」とは「太陽」「日」という意味があります。

 

ギリシア人は、「太陽」とは「ヘリオスが乗る馬車」であり、馬車は毎日東から西へ渡り、夜には黄金の鉢で海の流れにのり東の地に戻っているのだそうです。

 

天空を通過するときに世の中のすべてを見下ろしているので、なんでも見通している誓いの証人だとされています。

 

また、オリオン座となるオリオンが盲目になった時に助けたという逸話もあります。

 

アポロン

アポロンはゼウスの息子であり、オリンポス十二神の一柱です。

 

芸能・芸術の神、光明の神、弓矢の神、牧羊の守護神とされていますが、後に太陽神としての神格が付け加えられます。

 

ヘリオスと互いに同一視されるようになりますが、これは光明(まぶしい光)神という性質があったためだと言われています。

 

ヒュペリオン

ヘリオスの父で、大地の神ガイアと天空神ウラノスから生まれた巨神の一人。

 

ヒュペリオンとは「高みを行く者」という意味の名前であり、昔は太陽神であったのではないかと考えられています。

 

ですが、母のガイアが神以外の魔物や怪物たちも複数生んでいるため、太陽神としてはふさわしくない存在だともいわれています。初めて人間に天体と季節の変化の関係を教えた存在だと言われています。