ヘンデルとは何をした人?〜音楽の母〜


ヘンデルの基本情報

 

生年:1685年
没年:1759年
出身:ハレ
死没地:ロンドン
別名:「音楽の母」
代表作:『メサイア』

 

ヘンデル(1685年 - 1759年)はバロック音楽を代表するドイツ生まれの音楽家で、とりわけオペラやオラトリオの作曲で知られます。幼少期からオルガンを学び、青年期にはハレ教会のオルガン奏者を経験。1703年(18歳)からハンブルクでオペラの作曲に取り組むようになりました。さらに1706〜10年のイタリア遊学を経てヘンデル様式の基礎を確立しています。1710年イギリスに渡ってからはずっとイギリス暮らしで、宮廷学長としてイギリス王室のため様々な曲を手がけています。