ノルウェーの国名の由来

ノルウェーの正式名称はノルウェー王国。立憲君主制を敷く主権国家であることを示しています。

 

国名の変遷

ノルウェー王国は9世紀末に成立し、カルマル同盟(1397年)締結以降はデンマークの支配を受けることになります。デンマークが衰退すると、今度はスウェーデンの支配を受けるようになりますが、1905年に国民投票により独立が決定し現在に至っています。

 

「ノルウェー」の語源

ノルウェーという国名はゲルマン語の「ノルレ」と「ベク」を合わせた「ノルレベク」からきていて、「ノルウェー」というのはこれを英語読みしたものです。ノルウェー人の祖先にあたるノルマン人は、中世以降ノルウェーに最初に土着した民族で、彼らが使っていたのがゲルマン語です。なおノルマン人以前から人は住んでいたようですが史料が残されておらず詳細はわかっていません。

 
ページの先頭へ戻る