サラミスの海戦

サラミスの海戦は、紀元前480年、アテナイを中心としたギリシア艦隊と、ギリシア征服を目論むペルシア艦隊がサラミス島近海で衝突した海戦です。ペルシア戦争最大かつ、ペルシアからのギリシア防衛を決定的なものにした決戦として名高いです。

 

サラミスの海戦の背景

サラミスの海戦直前に起こったテルモピュライの戦いでは、ペルシア軍によりギリシア最強のスパルタ軍が全滅させられ、第1次防衛線が崩壊してしまいます。同じ頃アルテミシオン沖にてギリシア連合艦隊は、ペルシア艦隊と激戦を繰り広げていました(アルテミシオンの海戦)が、第1次防衛戦崩壊の報を受け、最後の防衛線であるファレロン湾内サラミス島へと向かったのです。

 

サラミスの海戦の結果

サラミス島はギリシア最後の防衛戦で、ここを突破されればギリシア世界はペルシアの手中に収まったも同然でした。しかしそのようなプレッシャーの中、アテナイ将軍テミストクレスは冷静に作戦を練り、ペルシア艦隊を狭い水道内に誘い込み、小型船の機動力を活かしこれを殲滅することに成功したのです。この屈辱的な敗北を近くの海岸で見ていたペルシア王は、戦意を失いアジアへ撤退していったと伝えられています。

 

 
ページの先頭へ戻る