リトアニアの年表

 

リトアニア(正式名称:リトアニア共和国)は、北ヨーロッパのバルト海東岸に南北に並ぶバルト三国の中でもっとも南に位置する共和制国家です。国土は西はバルト海、北はラトビア、東はベラルーシ、南はポーランドの間で構成され、気候区は亜寒帯湿潤気候に属しています。首都は世界遺産の街として知られるヴィリニュス。
この国ではとくに科学技術が発達しており、中でもバイオテクノロジーの生産がさかんです。また世界遺産を背景にした観光業もこの国の基幹産業となっています。
そんなリトアニアの歴史は、1230年代、ミンダウガスに建設されたリトアニア大公国から始まるといえます。北方十字軍の圧力を受けながらも繁栄を続け、14世紀末までにポーランドとの合同で現在のベラルーシ全域、ウクライナ全域、ポーランドの一部、ロシアの一部を支配下に治めるヨーロッパ最大の国家となりました。しかしロシア、プロイセン、オーストリア帝国など新興勢力の台頭で全盛の時代も終わり、18世紀末のポーランド分割で領土の大部分を喪失しました。その後は小国ながら国体を維持。第二次大戦以降のソ連支配を乗り切り、20世紀末のソ連崩壊を機に独立を回復し現在に至る・・・というのがこの国の歴史のおおまかな流れです。ここではそんなリトアニアの歴史的歩みをもっと詳しく年表形式で振り返ってみましょう。

 

リトアニアの歴史年表

前1000年頃 リトアニア人の祖先の古バルト系民族が定住開始
1009年 年代記に初めてリトアニアの名が現れる
1230年代 ミンダウガスによるリトアニア諸部族統一
1251年 リトアニア大公国の成立
1385年 クレヴォ合同/ポーランドとの同君連合結成
1392年 ヴィータウタスの即位
1410年 タンネンベルク(グルンバルト)の戦い
1569年 ルブリン合同/ポーランド・リトアニア共和国の成立
1655年 ケダイネイ合同(リトアニア・スウェーデン合同)
1791年 5月3日憲法の採択
1795年 第三次ポーランド分割/ロシアによる支配
1905年 リトアニア語の公用語化
1915年 ドイツ帝国による支配
1918年2月 リトアニア独立宣言
1918年11月 リトアニア第一共和国の成立
1920年 中部リトアニア共和国の成立
1926年 軍部によるクーデター
1927年 タウラゲ蜂起
1940年 リトアニア・ソビエト社会主義共和国の成立
1941年 ナチス・ドイツによる支配
1944年 ソ連による支配再開/パルチザンの活動開始
1947年 集団農場化制作(〜49年)
1980年代 リトアニア独立革命
1988年 民族組織「サユディス」の結成
1989年 バルトの道
1990年 リトアニア最高会議選挙
1991年1月 血の日曜日事件
1991年9月 リトアニア共和国として独立を回復/国連加盟
1993年 欧州評議会(CoE)に加盟
1998年 ヴァルダス・アダムクスの大統領当選
2004年 欧州連合(EU)・北大西洋条約機構(NATO)に加盟
2015年 ユーロ通貨の導入
2018年 OECDに加盟