パーヴェル1世とは何をした人?〜反革命政策を推進〜

 

パーヴェル1世の基本情報

 

本名:パーヴェル・ペトロヴィチ
誕生:1754年サンクトペテルブルクにて
死没:1801年サンクトペテルブルクにて
王朝:ロマノフ朝
在位:1796年 - 1801年
政策:反革命政策

 

パーベル1世(1754年 - 1801年)はロシア皇帝で、啓蒙専制君主エカチェリーナ2世の長男です。フランス革命戦争中、母帝の崩御を受けて即位しました。治世では自由主義的改革を志向した母とは異なり、徹底的な反革命の反動政治を行ったことで知られます。一方で治世末期にはナポレオンに感銘を受けてフランスに接近、イギリスと敵対するなど、首尾一貫しない政治姿勢で国内を混乱させました。その結果彼に敵対する貴族の策謀により寝暗殺され、わずか5年という短い在位期間で生涯を終えたのです。