イタリア都市の歴史

イタリアの地方行政区画は州(レジョーネ:regione)ー県(プロヴィンチャ:provincia)ー基礎自治体(コムーネ:comune)の三層構造になっており、この中のコムーネが日本語でいういわゆる都市に相当します。しかしイタリアの場合、首都ローマのような人口300万近い大都市も、人口1000人以下のような村のような自治体も全てこのコムーネに含まれるなど、都市と市町村といったように人口規模で区別はしていないのが特徴です。なおイタリアにおけるコムーネの数は2019年2月の時点で7918ですが、20世紀以降、統廃合が進んでいるので、この数は今後変動する可能性があります。

 

イタリアの都市一覧

dummy
アオスタの歴史

アオスタ (伊:Aosta)は、イタリア北西部・トリノの北北西約80km地点に位置する、ヴァッレ・ダオスタ特別自治州の州都です。アルプスの山々に囲まれた自然豊かな盆地の街で、豊かな水力資源を利用した水力発電と、それを利用した金属工業・繊維工業がさかんです。また地理的関係上、古来よりフランスとの関わりが深く、アオスタが属するヴァッレ・ダオスタ州は、イタリアで唯一フランス語が公用語になっている州でもあ...

Read More
dummy
アッシジの歴史

アッシジ(伊:Assisi)は、イタリア中部、ウンブリア州のスバジオ山麓に位置する都市です。聖フランチェスコ生誕の地として知られ、キリスト教徒の主要な巡礼地の1つにもなっています。また、それゆえフランシスコ会ゆかりの遺跡も多く、その遺跡群は「アッシジ、フランチェスコ聖堂と関連修道施設群」として世界遺産に登録されています。歴史古代ローマ人がスバシオ山麓の台地に築いた、アッシシウム(Asisium)が...

Read More
dummy
アンコーナの歴史

アンコーナ(伊:Ancona)は、イタリア中部マルケ州、首都ローマから北北東約200kmに位置する都市です。アドリア海沿いには古い史跡が点在し、教皇庁支配の時代が長かったことから由緒ある教会も多くみられます。歴史紀元前390年頃、古代ギリシャ人に築かれた都市「アンコン」に起源を持ちます。「アンコン」とはギリシア語で「肘」を意味し、街の東の港が“肘のように曲がっていた”ことに由来しています。前2世紀...

Read More
dummy
カターニアの歴史

カターニア(伊:Catania)は、イタリア・シチリア州東部に位置する都市です。イオニア海に面し、北方にはエトナ火山がそびえています。人口規模では州都パレルモに劣るものの、シチリア農業の最大拠点であることから、その経済的重要性はパレルモ以上といえるでしょう。歴史古代〜中世紀元前8世紀頃、古代ギリシャ人がシチリア島東部に建設した植民市が都市の起源となりました。北方にヨーロッパ最大の活火山エトナ山を擁...

Read More
dummy
カリャリの歴史

カリャリ(カリアリとも)(伊:Cagliari)は、イタリア・サルデーニャ島南部に位置する、サルデーニャ自治州に属する都市です。セメント工業や漁業を主要産業とし、イタリア屈指の海塩産地としても知られます。歴史古代古代フェニキア人により建設された植民都市「カラリス(Karalis)」が起源です。北アフリカとヨーロッパを繋ぐ絶好の中継地として栄え、前3世紀ローマに征服された後も、同国の交通の要地として...

Read More
dummy
サッサリの歴史

サッサリ(伊:Sassari)は、イタリア・サルデーニャ島北西部に位置する、サルデーニャ自治州に属する都市です。サルデーニャ島第二の都市で、中世以来の文化財が多数保全されている古都としても知られています。歴史中世サッサリは、中世初期に成立した「タタリ」と呼ばれる集落に起源を持ちます。12世紀頃、イスラム勢力から逃げてきた避難民が大挙し人口が急増。13世紀以降、地中海交易で覇権を築いたジェノヴァの支...

Read More
dummy
サレルノの歴史

サレルノ(伊:Salerno)は、イタリア南部カンパニア州に属する、地中海式農業がさかんな都市です。古代エトルリア人により建設された町に起源を持ち、前2世紀移行はローマ植民市「サレルヌム(Salernum)」として発展していきました。西ローマ帝国崩壊後は、東ローマ帝国(ビザンティン帝国)の支配を経て、ベネベント公国統治のもと近代都市の基礎が形成。9世紀には自由都市となり、南イタリアの政治的・経済的...

Read More
dummy
シエーナの歴史

シエーナ(伊:Siena)は、イタリア中部に位置する、トスカーナ州に属する都市です。中世以降、金融業を背景に急速に成長し、一時はフィレンツェを上回るほどの政治的・経済的影響力を有していました。煉瓦や石造りの中世の姿そのままの街並み「シエーナ歴史地区」が見られ、病人の守護聖人カタリナ生誕の地としても知られます。歴史古代ローマ時代、丘の上に建設された集落を起源としますが、この都市が本格的な発展をみるの...

Read More
dummy
シラクサの歴史

シラクサ(伊:Siracusa)は、イタリア・シチリア島南東部に位置する、シチリア州に属する都市です。ギリシア・ローマ時代の史跡が多いことから観光業が発達しており、市街は「シラクサとパンターリカの岩壁墓地遺跡」の名で世界遺産に登録されています。また数学において輝かしい功績を残したアルキメデス生誕の地としても知られます。シラクサの歴史古代古代ギリシャ人に建設された植民市「シラクサイ」(「低湿地帯」の...

Read More
dummy
ジェノヴァの歴史

ジェノヴァ(伊:Genova)は、イタリア北西部に位置する、リグーリア州に属する都市です。リグリア海に面するイタリア最大の貿易港であり、海運業が発達しています。陸路に恵まれない地勢だからこそ歴史上早くから海洋に進出し、かつては中世ヨーロッパ屈指の海洋国としてヴェネツィアと地中海の覇権を争っていました。歴史古代・中世前6世紀頃、ギリシア人に建設された植民市に起源を持ち、当初より海港として栄えていまし...

Read More
dummy
ターラントの歴史

ターラント(伊:Taranto)は、プッリャ州に属するイタリア南部の港湾都市です。イタリア半島を“ブーツ”に見立てた時の“かかとの内側の付け根”部分に位置し、南イタリアではナポリ、バーリに次ぐ第三の都市となっています。歴史前8世紀頃、ギリシア民族のスパルタ人に建設された植民市「ターレス」(※ギリシア神話の英雄の名に由来)に起源を持ち、当時は陶器産業の中心地として栄えていました。前3世紀以降はローマ...

Read More
dummy
テルニの歴史

テルニ(伊:Terni)は、イタリア中部、ウンブリア州南部に位置する都市です。ローマ時代やルネサンス期に建てられた城壁・劇場・聖堂・宮殿などが多く保全される観光名所である他、鉄工業がさかんな「鋼鉄の町」、バレンタイン発祥の「恋人達の町」としても知られます。歴史古代〜中世紀元前7世紀頃、ウンブリ人に建設された集落が都市の起源です。前3世紀以降はローマ支配下のインテラムナ (川の間) として、ローマと...

Read More
dummy
トリエステの歴史

トリエステ(伊:Trieste)は、イタリア北東部、スロベニアとの国境地点に位置する、フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州の州都です。アドリア海に面した港湾都市で、地中海と中央ヨーロッパを繋ぐ「玄関口」にもあたるため、古来より民族の出入りが頻繁に繰り返されてきました。海運業、工業(造船・製鉄)などがさかん。歴史トリエステは、古代ケルト人により建設された集落を起源とし、前2世紀以降はローマ支配下のテル...

Read More
dummy
トリノの歴史

トリノ(伊:Torino)は、イタリア北西部・ピエモンテ州に属する都市です。北イタリアの要所として古くから栄えており、イタリアの前身であるサルデーニャ王国時代には首都にも指定されていました。現在もミラノに次ぐイタリア第二の工業都市として、国家経済の重要な位置を占めています。歴史古代ローマ時代に建設された「カストラ・タウリノールム(Castra Taurinorum)」と呼ばれる軍事植民地がトリノの...

Read More
dummy
トレントの歴史

トレント(伊:Trento)は、イタリア北部、ミラノの東北約165kmおよびヴェネツィアの北西約116kmの地点に位置する都市で、トレンティーノ=アルト・アディジェ州の州都です。アルプス山脈の水系により豊かな自然に囲まれており、中世以来、銀を始めとする鉱物資源の主要産地として栄えました。またカトリック史上重要な意味を持つ、トレント公会議が開かれた地として有名です。歴史古代ローマ時代は、ローマ軍の重...

Read More
dummy
ナポリの歴史

ナポリ(伊:Napoli )は、イタリア南部・カンパニア州に属する州都かつ南イタリア最大の都市です。古代ギリシャ以来の長い歴史を持ち、地理的に侵入を受けやすいことから、古代から近代にかけて様々な勢力の支配を受けてきました。歴史ネアポリスの成立紀元前6世紀、古代ギリシャ人の植民により建設された集落ネアポリス(Neapolis:「新たなポリス」という意)がナポリの起源で、古代ローマ征服以降は南部イタリ...

Read More
dummy
バーリの歴史

バーリ(伊:Bari)は、イタリア南部プッリャ州に属する都市で、イタリア半島をブーツに見立てた場合の“かかと”にあたります。アドリア海に臨む港湾として重要視され、南部イタリアではナポリに次ぐ商工業の中心地となっています。かつては十字軍の出港地や奴隷貿易の中心拠点として大いなる繁栄を享受していました。歴史バーリは「バリウム」と呼ばれる古代ギリシャ人により建設された植民都市に起源を持ちます。もともと漁...

Read More
dummy
パドヴァの歴史

パドヴァは、イタリア北東部に位置し、ヴェネト州に属する都市です。州第三の人口規模で、商工業や観光業がさかんに行われています。歴史伝承では前12世紀、トロヤ王アンテノールに建設された「パタウィウム(Patavium)」を起源とする古い都市で、前1世紀のローマ征服以降は同国保護下の自治都市パドヴァとして繁栄しました。西ローマ帝国崩壊後は、東ゴート王国、東ローマ帝国(ビザンティン帝国)の支配を経て、ラン...

Read More
dummy
パルマの歴史

パルマ(伊:Parma)は、イタリア北東部に位置する、エミリア・ロマーニャ州パルマ県の県都です。ミラノとボローニャを結ぶ交通の要衝で、かつてはファシズムに対するパルチザンの活動拠点にもなっていました。歴史前4世紀、古代エトルリア人により建設された「テッラマレ(Terramare)」と呼ばれる集落がパルマの原型です。前2世紀以降はローマ支配下の一大毛織物産地および、北イタリアにおける交通の要衝として...

Read More
dummy
パレルモの歴史

パレルモ(伊:Palermo)は、シチリア島北西部に位置する、シチリア州の州都です。かつてはシチリア王国の首都として国際色豊かな商業都市として栄え、イタリア編入後も造船業や観光業を中心に据え、南イタリア経済を支える重要な都市であり続けています。歴史パレルモの起源は古代フェニキア人に建設された植民市にあり、交易拠点として栄えたことで、ギリシア人から「全てが港」を意味する「パノルモス(Panormos...

Read More
dummy
ピサの歴史

ピサ (伊:Pisa)は、イタリア中部トスカーナ州リグリア海沿い、フィレンツェの西方約80km位置する都市です。中世ヨーロッパでは地中海貿易の重要拠点の1つとして繁栄し、現在は繊維・ガラス・陶器など各種工業、農業がさかんに行われています。なおピサ大聖堂の鐘楼「ピサの斜塔」がこの都市を何より有名にしましたが、「天文学の父」ガリレオ・ガリレイ生誕地であることでも知られています。歴史前3世紀に建設された...

Read More
dummy
フェラーラの歴史

フェラーラ(伊:Ferrara)は、イタリア北東部に位置する、エミリア・ロマーニャ州に属する都市です。ポー川河口の“潟(かた)”から人が集まり形成された集落が起源といわれ、ルネサンス期(14〜16世紀)に有力貴族エステ家支配のもとで本格的な発展を始めました(15世紀にフェラーラ公国として独立)。同家はとりわけ音楽分野への出資を惜しまなかったので、フェラーラはヨーロッパ有数の音楽都市としてその名が知...

Read More
dummy
フォッジャの歴史

フォッジャ(伊:Foggia)は、イタリア南部プーリア州、ナポリの東北約170kmに位置する都市です。イタリアの穀倉地帯タヴォリエーレ平原の中心都市であり、都市名は小麦を貯蔵するための穴倉=ラテン語で「fovea」に由来しています。歴史古代から中世現フォッジャの北方に建設された、ギリシャ植民市「アルピ」に起源を持ち、後にアルピを征服したローマ人により都市の原型が作られました。西ローマ帝国崩壊後、時...

Read More
dummy
フォルリの歴史

フォルリ(伊:Forli)は、イタリア北東部、ボローニャの南東約60km地点に位置する都市です。靴・家具・繊維など各種工業、冷涼な気候を活かした農業がさかんで、豊かさではヨーロッパでも屈指のエミリア・ロマーニャ州に属しています。歴史古代前2世紀にローマ執政官リウィウスにより建設された「フォルム・リウィイ(Forum Livii)」に起源を持ちます。当時から農業がさかんで、エミリア街道を通して、ロー...

Read More
dummy
ブレシアの歴史

ブレシア(伊:Brescia)は、イタリア北西部に位置する、ロンバルディア州に属する都市です。同州では2番目に大きな都市で、古代から中世にかけての遺跡が多く残る観光地としても知られます。また歴史的にイタリアにおける最重要工業都市の1つで、18世紀までは甲冑や武器が大量に製造され、ヨーロッパ全土に輸出されていました。歴史古代ケルト人により建設された都市を起源とし、前200年頃、古代ローマに征服された...

Read More
dummy
プラートの歴史

プラート(伊:Prato)は、イタリア中部トスカーナ州、フィレンツェの北西約20km地点にに位置する都市です。近代以降、毛織物の一大産地として栄え、現在も有数の工業都市としてイタリア経済を支えています。同じく毛織物産業がさかんなイギリス・マンチェスターになぞらえて、「イタリアのマンチェスター」とも呼ばれます。歴史旧石器時代から人が暮らしていたことがわかっており、古代においてはエトルリア人の植民市が...

Read More
dummy
ベルガモの歴史

ベルガモ(イタリア語:Bergamo)は、イタリア北西ロンバルディア州、ミラノから北東約40kmに位置する都市です。ミラノ経済圏の一部を成し、かつては「飛脚」と呼ばれる郵便業者が活躍する“西欧の郵便拠点”として栄えていました。歴史古代ベルガモは、古代ケルト人に建設された都市「ベルゴムム(Bergomum)」に起源を持ちます。ローマ征服後は、フリウリとラエティアを繋ぐ戦略上の重要拠点となり、最盛期に...

Read More
dummy
ペスカーラの歴史

ペスカーラ(伊:Pescara)は、イタリア中部アブルッツォ州、アドリア海に面するペスカーラ県の県都です。人口ではアブルッツォ州最多。古くから地中海における漁業の拠点として栄えてきたこともあり、「たくさんの魚」を意味する「ピスカリア(Piscaria)」が変節して、現在の名で呼ばれるようになりました。歴史中世以来、シチリア王国支配下の漁村として栄えますが、19世紀初頭にフランス帝ナポレオンに征服さ...

Read More
dummy
ペルージャの歴史

ペルージャ(伊:Perugia)は、イタリア中部、首都ローマの北約160kmに位置する都市です。自然豊かなウンブリア州の州都であり、古代エトルリア時代の建築や中世の面影を残す市街地など見所の多い観光地としても知られます。歴史古代前4世紀頃建設された、エトルリア連合市の1つ「ペルシア(ラテン語:Perusia)」を起源とし、前219年〜前201年の第二次ポエニ戦争では、ローマの援軍としてカルタゴと戦...

Read More
dummy
ボルツァーノの歴史

ボルツァーノ(伊:Bolzano)は、イタリア北東部トレンティーノ=アルト・アディジェ州、オーストリア国境付近に位置する都市です。中世以来、ドイツ文化圏と商業的関わりが深く、ドイツ語ではボーツェン(Bozen)と呼ばれています。歴史紀元前1世紀、ローマ人に建設された居住地を起源に持ち、西ローマ帝国崩壊後、中世から近世にかけては、神聖ローマ帝国・トレント司教領として長い時間を過ごすことになります。そ...

Read More
dummy
ボローニャの歴史

ボローニャ(伊:Bologna)は、イタリア北部エミリア・ロマーニャ州に属する州都です。“近代大学の原点”ボローニャ大学を擁する、古来よりの学芸都市として知られます。性差別が根深かった中世社会においても、女性でも能力さえあれば大学に入り、卒業後は様々な職業に就くことができるという、当時にして類まれな寛容と可能性に満ちた場所でした。古代古代ボローニャはもともと「フェルシナ(Felsina)」と呼ばれ...

Read More
dummy
ミラノの歴史

ミラノは北イタリア・ロンバルディア州の州都です。北部四州にまたがるポー平原の中にあり、南にはポー川が流れ、北にはアルプス山脈がそびえ立っています。商業・工業・金融・観光がさかんなイタリア屈指の経済都市として知られます。歴史古代紀元前6世紀頃、ケルト人が形成した集落がミラノの起源で、前3世紀以降はローマ支配下に置かれ、3世紀からディオクレティアヌス帝による分担統治が始まると、西方領土の首都として大い...

Read More
dummy
メッシーナの歴史

メッシーナ(伊:Messina)は、イタリア南部、シチリア島北東部の港湾に位置する、シチリア州第三の都市です。イタリア本土との間でメッシーナ海峡を形成し、戦略的重要性の高い拠点として、歴史的に支配者が入れ替わり立ち替わりしてきました。歴史古代紀元前8世紀に建設されたギリシャ植民市に起源を持ちます。地中海交易を軸とした海港都市として栄え、港湾の形が“大鎌”に似ていることから、古代ギリシャ語で「ザンク...

Read More
dummy
モンツァの歴史

モンツァ(伊:Monza)は、イタリア北西部ロンバルディア州に属する都市です。ミラノ都市圏の一部をなし、商工業、とりわけ織物工業がさかんに行われています。「ブリアンツァ(Brianza)」(=ロンバルディア州でとりわけ肥沃な土地が広がる文化圏のこと)の中心地でもあることから、「グルメの町」としても有名です。歴史都市としての発展は、中世以来、ランゴバルド王国支配のもとで始められ、6世紀末には、ランゴ...

Read More
dummy
ラクイラの歴史

ラクイラ(伊: L’Aquila)は、イタリア中部、ローマの北東約85km地点に位置する都市で、アブルッツォ州の州都です。イタリア半島を縦断するアペニン山脈の盆地、標高720mという非常に高い場所に立地しています。地震が多いことでも知られ、古い記録では1703年に数千人から1万人ともいわれる犠牲者が、最近では2009年に300人が犠牲になり、6万人以上が住居を失う大きな被害に見舞われています。産業...

Read More
dummy
モデナの歴史

モデナ(伊:Modena)は、北イタリア・エミリア・ロマーニャ州、ボローニャの北西およそ40kmの場所に位置する都市です。古代エトルリア人の建設した都市に起源を持ち、前2世紀以降はローマ植民市「ムティナ(mutina)」となり、エミリア街道沿いの交通拠点として栄えました。中世以降西ローマが崩壊し時代が中世に移ると、12世紀に自由都市となり、13世紀末からはエステ家支配のもと、宮殿や公共建築物が建て...

Read More
dummy
ラティーナの歴史

ラティーナ(伊:Latina)は、イタリア中部ラツィオ州、ティレニア海沿いに位置する都市です。沿岸にはラムサール条約で保護される、希少価値の高い湿地が連なっています。歴史1932年のファシスト政権下、「リットリア(Littoria)」として建設された比較的歴史の浅い都市です。それまで現在のラティーナにあたる地域は、ただただ沼地が広がる場所で、人が住めるような場所ではありませんでした。しかし都市建設...

Read More
dummy
ラヴェンナの歴史

ラヴェンナ(伊:Ravenna)は、イタリア北東部エミリア・ロマーニャ州、アドリア海沿いに位置する都市です。食品・繊維・石油化学など各種工業の他、古代ローマ時代の遺産が多いことから観光業もさかんです。ローマ帝政末期に建設された聖堂や廟は、初期キリスト教文化を象徴する貴重な建築物であり、現在は「ラヴェンナの初期キリスト教建築物群」として世界遺産に登録されています。歴史古代異民族の圧力から逃れてきた人...

Read More
dummy
リミニの歴史

リミニ(伊:Rimini)は、イタリア北東部・エミリア・ロマーニャ州、アドリア海沿いに位置する港湾都市です。古くから海上交易や漁業がさかんで、サンマリノ共和国(イタリア領に囲まれた都市国家)の玄関口にもなっています。歴史古代古代エトルリア人により建設された町に起源を持ちます。のちにローマに征服され、エミリア街道東端の植民都市「アリミヌム(Ariminum)」となり、フェニキア人やガリア人の侵攻を食...

Read More
dummy
リヴォルノの歴史

リヴォルノ(伊:Livorno)は、イタリア中西部トスカーナ州、リグリア海に面する港湾都市です。もともとは小さな漁村にすぎませんでしたが、中世以降、メディチ家主導で、運河や城壁の建設が進むなど都市化・発展を遂げていき、イタリア西海岸有数の貿易拠点となりました。歴史16世紀、建築デザイナーのベルナルド・ブオンタレンティにより『理想都市』をコンセプトとして都市計画進められ、その後免税特区に指定されたこ...

Read More
dummy
レッジョ・エミリアの歴史

レッジョ・エミリア(伊:Reggio Emilia)は、イタリア共和国北東部、エミリア・ロマーニャ州に属する都市です。中世来の歴史を持つモデナ・レッジョ・エミリア大学がある他、パルミジャーノ・レッジャーノチーズの産地としても有名。15世紀初頭から18世紀末にかけては、有力貴族エステ家により支配されていました。歴史古代レッジョ・エミリアは、前2世紀頃、古代ローマに建設された町を起源に持ちます。ローマ...

Read More
dummy
レッジョ・ディ・カラブリアの歴史

レッジョ・ディ・カラブリア(伊:Reggio di Calabria)(以下レッジョ)は、イタリア南部カラブリア州、“ブーツ”に見立てたイタリア半島の“つま先”に位置する都市です。歴史古代レッジョは、紀元前3000年頃、アウソニ人が形成した「エリュトラ」と呼ばれる都市に起源を持ちます。もともとレッジョ周辺地域は、「サトゥルニア(Saturnia)」と呼ばれてましたが、アウソニ人の最後の支配者「イタ...

Read More
dummy
ヴェネツィアの歴史

ヴェネツィア(伊:Venezia)は、イタリア北東部ヴェネト州、アドリア海沿いに位置する都市です。干潟の小集落として始まり、中世以来、東方貿易を背景に急速に発展。最盛期には地中海の覇権を握る海洋国家として、ヨーロッパ世界で極めて高い国際的地位を保持していました。大航海時代以降(15世紀末〜)、地中海貿易の優位性が薄れてからは、ガラスやレースといった伝統工芸にも力を入れるようになり、これは今でもヴェ...

Read More
dummy
ヴェローナの歴史

ヴェローナ(伊:Verona)は、イタリア北東部ヴェネト州に属する都市です。街の中央にアディジェ川が流れていることから、古来より北ヨーロッパとイタリアを繋ぐ交通の要所として発展してきました。イタリアの中でも中世の面影が特に多く残る都市で、「ロミオとジュリエット」の舞台になったことでも有名です。歴史古代ヴェローナには先史時代にはすでに集落が形成されていたことがわかっています。前3世紀頃ローマと同盟関...

Read More
dummy
ヴァッレ・ダオスタ州

ヴァッレ・ダオスタ自治州(伊:Valle d’Aosta)は、イタリア北西部、イタリア北の国境を成すアルプス山脈山中に位置する、イタリアにある5つの特別自治州の1つです。州都はアオスタで、西をフランス、北をスイスと隣接。アルプス山脈の恵みを受けた自然豊かな州であり、豊富な水力資源を利用した工業も発達しています。歴史古代もともとこの地方にはケルト人やリグリア人が居住していましたが、前25年頃ローマ帝...

Read More
dummy
ピエモンテ州

ピエモンテ州(伊:Piemonte)は、イタリア北西部に位置する州です。西をフランス、北をスイス国境と接しており、アルプス山脈が自然の国境となっています。州都はイタリア第四の都市トリノ。イタリアの前身であるサルデーニャ王国は、かつてこのピエモンテ地方を本拠としたことから「ピエモンテ王国」とも呼ばれていました。産業ピエモンテ州では、ポー川由来の肥沃な平野部を利用した小麦・稲・果実などの栽培がさかんで...

Read More
dummy
カンパニア州

カンパニア州(伊:Campania)は、イタリア南部・ティレニア海沿岸に広がる地方です。州都は南イタリアの政治・経済の中心でもあるナポリ。イタリア国内ではロンバルディア、ラツィオに次ぐ3番目、イタリア南部では最も人口の多い州となります。歴史前8世紀頃、古代ギリシャ人により建設された植民市群「マグナ・グラエキア」に起源を持ち、同地域で育まれた先進的な文明は、ヨーロッパ文明の揺籃たる古代ローマの文化形...

Read More
dummy
リグーリア州

リグーリア州(伊:Liguria)は、フランスに隣接し、イタリア北西部のリグリア海沿岸に広がる州です。ヨーロッパ有数の海港都市ジェノヴァを州都に持ち、立地を活かした海運業と年中温暖な気候を活かしたリゾート業がさかんに行われています。歴史古代〜中世古代ローマ時代、現リグーリア州にあたる地域は、ローマ帝国における海運の拠点として栄えていました。西ローマ帝国崩壊後は、東ローマ、ランゴバルド王国、フランク...

Read More
dummy
トスカーナ州

トスカーナ州(伊:Toscana)は、イタリア中部に位置する州です。ルネサンスの中心として繁栄した州都フィレンツェをはじめ、「斜塔」で有名なピサ、中世の景観がそのまま残るシエナなど、歴史ある古都をいくつも包括するイタリア観光のメッカでもあります。歴史ローマ征服以前はエトルリア人の居住地域であり、「トスカーナ」という地名は「エトルリア人(Tusci)の土地」という意味です。西ローマ帝国滅亡後は、東ゴ...

Read More
dummy
モリーゼ州

モリーゼ州(伊:Molise)は、イタリア中東部に広がる、ヴァッレ・ダオスタに次ぎ国内2番目に小さな州です。州都はカンポバッソ。ブドウ・穀物・オリーブなどを中心とした農業、パスタ・肉・ワインなどを中心とした食品加工業、美しい自然を強みとした観光業などがさかんに行われています。歴史1965年、アブルッツォ・エ・モリーゼ州が分割され、アブルッツォ州とモリーゼ州に分かれたことで成立しました。自治体が置か...

Read More
dummy
フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア州

フリウリ=ヴェネツィア・ジュリア自治州(伊:Friuli-Venezia Giulia)は、オーストリアとスロベニアに隣接する、イタリア北東部に広がる州です。州都はトリエステ。イタリアにある5つの特別自治州の1つでもあり、北部山地の牧草地帯を背景とした良質な酪農製品の産出地として有名です。また歴史的にオーストリア領時代が長いため、ドイツ語話者が多いのが特徴です。歴史古代において、現在のフリウリ=ヴ...

Read More
dummy
トレンティーノ=アルト・アディジェ州

トレンティーノ=アルト・アディジェ自治州/南ティロル自治州(伊: Trentino Alto Adige/Sudtirol)は、イタリア北東部の地方で、イタリアにある5つの特別自治州の1つです。州都はトレント。スイス、オーストリアと国境を接する州北部は「南チロル」と呼ばれ、イタリアに属する地方でありながら、その地理的・歴史的要因からドイツ文化の色彩が強い地域として知られます。歴史古代ローマ時代、こ...

Read More
dummy
バジリカータ州

バジリカータ州(伊:Basilicata)は、イタリア南部、イオニア海(ターラント湾)に面する州です。州都はポテンツァで、欧州文化首都マテーラを擁しています。アペニン山脈による山がちな地勢が特徴。歴史この地方はもともと「ルカニア(Lucania)」と呼ばれる古代ギリシャ人による植民地域の一部で、前3世紀からは共和政ローマの支配下に入りました。西ローマ帝国崩壊後は、統治者が入れ替わり立ち代わりで政治...

Read More
dummy
アブルッツォ州

アブルッツォ州(伊:Abruzzo)は、イタリア中部・アドリア海沿岸に広がる毛織物産業がさかん地方です。州都は学問の街ラクイラ。アペニン山脈最高峰コルノ・グランデ(標高2,912m)を擁し、州面積の6割以上が山岳地帯。グラン・サッソやマサラ山地といった国立公園も包括する、東の山と西の海の恵みを受けた緑豊かな地方として知られます。歴史「アブルッツォ」という地方名は、古代ローマ時代の「アブルティウム(...

Read More
dummy
カラブリア州

カラブリア州(伊:Calabria)は、イオニア海とティレニア海に挟まれた、イタリア南部に位置する州です。イタリア半島をブーツに見立てたときの“爪先”にあたる地域で、南北に細長い地勢が特徴。州都は丘上都市カタンザーロ。古代ギリシャ時代からの古い歴史を持ち、ローマ人・ノルマン人・スペイン人など様々な民族の支配を受けてきたため、多様な様式の建造物がみられます。歴史古代古代カラブリアには、オスク語を母語...

Read More
dummy
エミリア=ロマーニャ州

エミリア=ロマーニャ州(伊:Emilia-Romagna)は、イタリア北東部に位置する州です。中世の面影の強い優雅な都市景観で知られる、ボローニャを州都に持ちます。この地方は肥沃な農耕地帯が広がり国内で最も食料生産がさかんなことから、「イタリアの台所」「食の宝庫」などとも呼ばれています。その他、自動車を始めとした工業もさかんで、フェラーリやランボルギーニといった、世界的企業の本社が存在します。歴史...

Read More
dummy
マルケ州

マルケ州(伊:Marche)は、イタリア中部・アドリア海沿岸およびアペニン山脈麓に広がる州で、イタリア有数の港湾都市アンコーナを州都に持ちます。チーズやワインの生産がさかんで、海の恵みと山の恵みによる、多種多様な食文化が根付く地方として知られ、“グルメのメッカ”として多くの観光客が訪れます。歴史古代ギリシャ人が建設した植民市に起源を持ち、前3世紀以降はローマの港として発展。西ローマ帝国滅亡後は、東...

Read More
dummy
ウンブリア州

ウンブリア州(伊:Umbria)は、イタリア中部に位置する州で、国境にも海岸線にも接しない同国唯一の内陸州でもあります。州都はチョコレート製造を伝統とするペルージャ。「緑のハート」の別名を持つ、アペニン山脈山中の自然豊かな地方として知られ、丘陵地を活かしたブドウやオリーブの栽培がさかんに行われています。また州都ペルージャやアッシジなど中世の面影を残した都市が多いことも特徴です。歴史古代ウンブリア州...

Read More
dummy
ラツィオ州

ラツィオ州(伊:Lazio)は、イタリア中部・ティレニア海沿岸に広がる州で、ロンバルディア州・カンパニア州に次ぐ国内屈指の経済圏です。州都は現イタリア共和国の首都、かつヨーロッパ文明の揺籃・古代ローマ帝国の首都でもあった“永遠の都”ローマ。古代ローマおよび中世来の建造物が多く保全され、“カトリック総本山のお膝元”であることから、イタリアでもとりわけ大勢の観光客が訪れる地方になっています。歴史古代に...

Read More
dummy
ロンバルディア州

ロンバルディア州(伊:Lombardia)は、イタリア北西部に広がる州です。自動車・鉄鋼・製紙など各種工業が発達し、1000万以上の人口を擁する国内最大の経済圏となっています。州都はイタリア第二の都市ミラノ。歴史古代古代において現ロンバルディア州にあたる地域は、ローマ人から「アルプスよりこちら側のガリア」という意味で、ピエモンテ州やエミリア・ロマーニャ州などと一括りに「ガリア・キサルピナ(ラテン語...

Read More
dummy
ヴェネト州

ヴェネト州(伊:Veneto)は、イタリア北東部、アドリア海沿いに広がる州です。冷涼な気候や肥沃なポー平原を背景に、小麦やトウモロコシなど農作物の栽培がさかんに行なわれ、州都ヴェネツィアを中心に観光業も発達しています。歴史ローマ征服以前、現在のヴェネト州にあたる地域は、「ヴェネト」の語源でもあるウェネティイ族(伊:Veneti)が居住していました。西ローマ帝国崩壊後は、東ローマ帝国(ビザンツ帝国)...

Read More
dummy
プッリャ州

プッリャ州(伊:Puglia)は、イタリア南部、アドリア海に面する州です。イタリア半島をブーツに見立てた場合の“かかと”にあたり、本島南部では最も広い州になります。州都は東地中海貿易の一大拠点バーリ。地中海性気候を活かしたオリーブ栽培および、オリーブ油の生産がさかんな他、とんがり屋根の石の家「トゥルッリ」で知られるアルベロベッロ、崖沿いの建物とエメラルド色の海の対比が美しいポリニャーノ・ア・マーレ...

Read More
ページの先頭へ戻る