“東ヨーロッパ”ってどこ?【東欧諸国を地図で確認しよう】

東欧(東ヨーロッパ)というのは、ざっくりいえば「ヨーロッパの東部に位置する国々」のことです。しかし、厳密な「東欧」解釈は組織によって微妙に異なり、例えば日本外務省は、国連が西アジア、もしくは中東として扱っている10か国も「東欧諸国」としているなど、ハッキリと「ここからここまで、どこどこの国が東欧!」と言えない部分もあります。

 

 

東欧諸国

国連基準

“東ヨーロッパ”ってどこ?【東欧諸国を地図で確認しよう】

水色地域:西欧諸国 橙色地域:東欧諸国 緑色地域:南欧諸国 青色地域:北欧諸国

 

 

日本外務省基準

(上記諸国+)アゼルバイシャンアルメニア/ウズベキスタン/カザフスタン/キルギス/キプロスコソボジョージア/タジキスタン/トルクメニスタン

 

東欧の特徴

気候

東ヨーロッパ地域は大部分が内陸にあるため、大陸性気候が支配的です。大陸性気候は年間通して降水量が少なく、夏と冬の気温差が激しいという特徴をもっています。

 

地形

ウラル山脈

ロシアの西部を南北に走る、ユーラシア大陸をアジアとヨーロッパに分ける境界線とされている山脈です。石炭紀後期(3億5920万年前から2億9900万年前)にできた古期造山帯であり、現存する山脈では最古のものです。

 

コーカサス山脈

コーカサス山脈は黒海とカスピ海の間を東西に走る、こちらもヨーロッパとアジアの境界とされる山脈です。ロシアジョージアアゼルバイジャンアルメニアの国土に面しています。

 

カルパティア山脈

東欧のスロバキアポーランドウクライナルーマニアなどにまたがる山脈です。第一次世界大戦時には、ロシアへの侵攻のためドイツ軍とオーストリア軍が、この山脈の冬の山越えを試みたところ、80万もの犠牲者を出してしまったという悲惨な話があります。

 

言語

ヨーロッパの言語はインド・ヨーロッパ語族と呼ばれる言語系統が主流です。しかし同じ言語系統でも、イギリスフランスドイツスペインなど北西ヨーロッパではインドヨーロッパ語族ゲルマン語派もしくはイタリック語派の言語が主流なのに対し、ロシアウクライナ、スロベキア、ベラルーシブルガリアポーランドなど東欧諸国ではインドヨーロッパ語族スラブ語派が主流です。またウラル語族が主流ののハンガリーのように、インドヨーロッパ語族ではない国もあります。

 

宗教

ヨーロッパはキリスト教が中心に信仰されています。キリスト教には主にカトリック/プロテスタント/正教会という宗派がありますが、東ヨーロッパでは主に正教会が信仰されています。また日本外務省が東欧として扱っているボスニア・ヘルツェゴビナアルバニアなどはイスラム教が多数派です。