ピサ共和国

ピサ共和国(伊:Repubblica di Pisa)は、11世紀から15世紀初頭にかけて、現在のトスカーナ州ピサを中心に栄えていた共和政国家です。ティレニア海沿いの商業港として発展、全盛期にはヴェネツィア共和国、ジェノヴァ共和国などと肩を並べる大国に成長し、地中海の覇権をめぐり争いました。しかし14世紀後半から衰退が始まり、1406年にフィレンツェ共和国に併合される形で滅亡しています。

 

ピサ共和国の歴史

中世前期、9世紀以来サルデーニャ島を支配していたイスラム勢力を、ジェノヴァとの共闘で倒し、ティレニア海の覇権を確立。やがてジェノヴァ勢力をも追い出し、サルデーニャ島を独占してしまいます。そして11世紀の間にシチリア首長国や北アフリカの一部、コルシカ島など海外領土を次々獲得し、ヨーロッパの強国としての地位に昇り詰めました。11世紀末には第一回十字軍に参加し、聖地エルサレムの奪還に大きく貢献。その栄光を背に12世紀には繁栄の頂点に達し、一時はヴェネツィアを凌ぐほどの国力を有していました。有名なピサの斜塔はこの最盛期に着工開始されたものです。

 

衰退と滅亡

13世紀に入ると重要取引先の東ローマ帝国(ビザンツ帝国)が衰退、それにともないピサも衰退していきます。ヴェネツィア、ジェノヴァとの覇権争いに敗れ領土をみるみる縮小していき、14世紀には最重要拠点のサルデーニャ島をもアラゴン連合王国に奪われてしまいます。そして14世紀末にはミラノ公国の自治領に組み込まれ、最後にはフィレンツェ共和国に領土が売却されたことで、1406年滅亡しました。

 

 
ページの先頭へ戻る