ロシアで産業革命が始まったのはいつ?

1895年、ハバロフスク近くでの東シベリア鉄道の建設工事の様子。シベリア鉄道は財務大臣ウィッテによってロシア工業化政策の要とされた。

 

ロシアでは、19世紀末にシベリア鉄道の建設が開始されるなど、産業革命が本格的に開始されました。ただしロシアの産業革命は、民間から始まったイギリスと異なり、政府が積極的に工業の保護・育成に取り組む「上から」の推進でした。

 

産業革命の影響

1861年にアレクサンドル2世が農奴解放令を発令したものの、農民の劣悪な労働条件は変わらなかったため、産業革命後は多くの農民が出稼ぎ労働者となって低賃金で工業に携わるようになりました。これはロシアの工業発展に大きく寄与しましたが、同時に国民は政府に対して不満を募らせていきました。

 

ロシア革命へ

そして20世紀初頭の日露戦争の敗北、第一次世界大戦による経済不況などでその不満も爆発し、労働者のストライキや暴動が勃発。1917年のロシア革命を経て、ソビエト連邦が成立するに到ったのです。