アルプス山脈の地理的特徴【位置/国/川/最高峰/気候/歴史】

アルプス山脈の地理的特徴【位置/国/川/最高峰/気候/歴史】

アルプス山脈はヨーロッパ中央部を走るヨーロッパ最大の山脈です。半月形の弧を描くように東西1200kmにわたり延びており、オーストリア、スロベニア、イタリア、スイス、リヒテンシュタイン、ドイツ、フランスなど7カ国にもまたがっています。

 

 

アルプス山脈の名前の由来

スイスの放牧場であるアルプ(alp)がいっぱいであるからアルプスになったという説と、ケルト語の岩山を意味するアルプ(alp)を語源とするという説があります。

 

アルプス山脈の位置

 

山脈に面する国
  • オーストリア
  • スロベニア
  • イタリア
  • スイス
  • リヒテンシュタイン
  • ドイツ
  • フランス

 

アルプス山脈の構成

東アルプス山脈
中部アルプス
西アルプス山脈
アルプス山脈の主要な山一覧
  • モンブラン
  • モンテ・ローザ
  • マッターホルン
  • グランド・ジョラス
  • ユングフラウ
  • グラン・パラディーゾ
  • アイガー
  • グロースグロックナー
  • ツークシュピッツェ
  • トリグラウ

 

アルプス山脈の地理

気候

標高が低い場所は年間通して温暖湿潤で、主に酪農が広く行なわれています。19世紀半ばからは、避暑地としても知られたことで観光地としても発展しています。

 

河川

アルプス山脈はヨーロッパにある多くの河川の水源地となっており、ここからドナウ川、ライン川、ローヌ川、ポー川、といった大河川が流れ出ています。

 

アルプス山脈の歴史

アルプス山脈には先史時代より人類が居住しており、交易における重要な水路、酪農、林業、水力などに利用されてきました。ローマの支配が及ぶまでは、山脈全域にケルト人が暮らしていたと伝えられています。

 

ハンニバルのアルプス超え

紀元前218年、カルタゴのハンニバルがローマを奇襲する為に、フランスから戦象を従えてアルプス超えをした話は有名です。この奇襲から第二次ポエニ戦争が始まり、ローマは史上最悪規模の損害を被むりました。(最終的には持久戦で何とか勝利します。)

 

ローマによる支配

そして紀元前58年から紀元前51年、ガイウス・ユリウス・カエサルが起こしたガリア戦争により、アルプスのケルト人は駆逐され、以後数百年、この巨大な山脈はローマの支配下に置かれました。

 
ページの先頭へ戻る