レコンキスタと十字軍遠征の違いとは?

レコンキスタとは、8世紀初頭から1492年までの約800年におよび行われた、イベリア半島全体をイスラム教からキリスト教へ再征服しようとした運動の総称です。

 

そして十字軍遠征とは11世紀末から13世紀にわたり、キリスト教国が聖地エルサレムの奪還を目的として軍を遠征させたものです。

 

レコンキスタはキリスト教の勝利で終わる一方、十字軍はイスラム教徒に敗北するという大きな違いがあるものの、キリスト教の布教による聖地巡礼への熱の高まりや、異教徒の排斥などの目標は共通点があると言えます。

 

レコンキスタとは

かつてのイベリア半島(現ポルトガル、スペイン)はカスティーリャ王国やアラゴン王国など小国が乱立していました。

 

12世紀にポルトガルがカスティーリャから独立、13世紀にレコンキスタを完了させると、15世紀の後半にはカスティーリャ王国の王女とアラゴン王国の王子の結婚によりイスパニア(スペイン)を統一。

 

その後、グラナダ陥落によりレコンキスタを完了させました。

 

十字軍遠征とは

約200年にわたる遠征でエルサレムの奪還はすでに1回目で達成されています。

 

しかし、その後イスラム教徒により再奪還された後はその目的を大きく逸らし、他のキリスト教国やエジプトを攻めるなど迷走していきます。

 

一方で多くの問題を抱えた十字軍はイスラム教徒との間に大きな不信と軋轢を生み、両者に強い遺恨を残しました。

 

遠征は失敗に失敗を重ね十字軍遠征を主導していた教皇の権威は低迷し、国王が権力を持つ時代へと移ります。