百年戦争の原因になった毛織物産地フランドルとはどんな場所だったのですか?

フランドルは現在の北フランスからベルギーにまたがる北海沿岸地域に位置する地域です。「水に埋もれた地方」を意味し、英語ではフランダース(Flanders)と呼びます。

 

中世以降、イングランド産の羊毛がもたらされたことで、毛織物産業が発達し、有力な都市がいくつも形成される、ヨーロッパ屈指に豊かな地域となりました。

 

しかしイギリスでも毛織物産業が発達し、フランドルと競合するようになると、イギリスが羊毛の輸出を停止したり、フランスがイギリス商人に圧力をかけるなど、英仏がフランドルの利権を巡り激しく対立するようになるのです。

 

これが百年戦争の要因の1つとなり、百年戦争終結後も、その経済的・政治的重要性から国際紛争の舞台となりました。