世界恐慌と第二次世界大戦勃発の関係とは?

世界恐慌と第二次世界大戦勃発の関係を教えてください。

ヨーロッパは第一次世界大戦(1914〜19年)という惨禍を経験し、戦後は国際連盟のもと「もうあのような悲劇は起こすまい」と平和協調ムードの中で復興の道を突き進んでいました。

 

しかしそんな平和ムードをぶち壊しにしてしまったのが世界恐慌です。

 

アメリカにおける大不況の影響はすぐにヨーロッパに伝わり、失業や倒産が相次ぎました。そしてイギリス・フランスのような持てる国はブロック経済で自国優先主義に走り、ドイツ・イタリアのような持たざる国は自給自足圏の拡大を掲げ、軍拡と侵略に走ります。

 

かつての平和協調路線はどこへやら、ヨーロッパは第一次世界大戦前のような、帝国主義の過熱で、軍事的緊張が支配する状態に戻ってしまいました。

 

ナチスの台頭

とりわけ世界恐慌による大不況・社会不安を背景に、ドイツではナチスが政権を獲得していました。ナチスはドイツ民族保護を名目にオーストリア併合、チェコスロバキア併合など侵略・拡大を推し進め、最後はポーランド侵攻を受けた英仏の対独宣戦布告により、第二次世界大戦の口火が切られたのです。