シンドラーとは何をした人?〜ナチスの迫害から大勢のユダヤ人を救う〜

 

シンドラーの基本情報

 

本名:オスカー・シンドラー
誕生:1908年チェコ・モラヴィア
死没:1974年西ドイツ・ヒルデスハイム
功績:ナチス・ドイツの迫害から1000人以上のユダヤ人をかくまう。

 

オスカー・シンドラー(1908年 - 1974年)はドイツの実業家で、第二次世界大戦中、ナチスドイツの迫害から多くのユダヤ人を救ったことで有名な人物です。ここではそんなシンドラーの生い立ちや功績について紹介しています。

 

 

シンドラーの生い立ち

モラヴィアの工場経営者の息子として生まれ、チェコの商業学校卒業後に、電機会社に勤めるも倒産。しばらく苦しい生活を送るも、再起のために買い取った工場が、第二次世界大戦を背景に軍需工場として飛躍的な成長を遂げていき、多くのユダヤ人労働者と関わるようになりました。

 

シンドラーはもともとナチス党に入党するくらい親ナチス的でしたが、日増しに酷くなるユダヤ人に対する弾圧を前に不信感を大きくしていき、「労働力として不可欠である」という名目で、ナチス親衛隊管轄下のユダヤ人を工場に呼び寄せ、保護するようになったのです。

 

戦後の不遇な余生

そんなシンドラー自身は、戦後立て続けに事業に失敗するなど不運な余生を送りましたが、彼の死後出版されたトーマス・キニーリー著『シンドラーの箱船』で、その名と実績が広く知られるようになり、1993年スティーブン・スピルバークがこれを『シンドラーのリスト』として映画化し大ヒットしたことで、誰もが「大勢のユダヤ人を救った英雄」としてシンドラーの名を知るようになったのです。

 

シンドラーの功績

オスカー・シンドラーは第二次世界大戦中にナチスによる迫害から大勢のユダヤ人を救った功績が認められています。彼は軍需工場を所有しており、その労働力としてユダヤ人を要求することで、彼ら彼女らが絶滅収容所に送られることを防いでいました。労働力の名目でユダヤ人を保護していたのです。軍需工場ということでドイツ軍司令部から特別扱いされていたこと、ナチスと内部に友人がおり秘密交渉が可能であったことなどで、うまく立ち回りながらユダヤ人を効率的に救出できていたのです。