ハンガリーと中国の関係

かつてオルバーン・ヴィクトルが第一期の首相を務めた時期(1998年〜2002年)は、中国を人権問題を理由に痛烈に批判するなどして関係は最悪でした。

 

しかし近年、2010年より二期目の首相を勤めているオルバーンのもと、対中関係に変化が生じています。

 

  • 一帯一路に賛同
  • ハンガリーーギリシャ鉄道建設で中国からの援助
  • 中国人移民を積極受け入れ
  • 「民主主義国よりも中国のような成功者から学ぶべき」「(EUが資金を出せないなら)中国に頼る」などのオルバーンの親中発言
  • ヨーロッパで初めて中国のワクチンを承認する

 

など急速に接近する様子がみられるのです。

 

これはオルバーンが近年、メディアへの統制を強め言論封殺を行ったり、反LGBTQ法案の制定したり、独裁色を強めていることが背景にありそうです。