産業革命で起こった人々の暮らしの変化とは?

産業革命で人々の暮らしはどのように変化したのでしょうか?

産業革命にともなう技術革新により、工業が発達・大量生産が可能になったことで、食糧や便利な工業製品が増えました。

 

また交通革命と呼ばれる交通機関(鉄道・蒸気船など)の発達により、移動に時間がかからなくなり、余暇が増えました。

 

産業革命は全般的には人々の暮らしを豊かにしたといえます。

 

ただその一方で、資本家と労働者の格差が拡大し、資本家による労働者の酷使が社会問題になりました。とりわけ社会的に弱い立場の女性や子供が過酷な労働に動員され、政府も規制に動くほどでした。

 

そしてこういった社会問題の根源は機械にあるとして、機械打ちこわし(ラッダイト)運動が展開されたりと、産業革命も全ての人の暮らしに恩恵を与えたわけではなかったのです。