ギリシア神話とキリスト教の違いとは?

ギリシャ神話とキリスト教の違いはなんですか?

ギリシャ神話もキリスト教も、ヨーロッパ文明の支柱となっている重要な要素ですが、1番の違いは多神教か一神教かの違いになります。

 

ギリシャ神話には、ゼウス、ポセイドン、アポロン、アテナなど様々な神が登場し、古代ギリシャの人々は、世の中の理解できない現象・事物を神格化し崇めていました。

 

古代ギリシャ人は同じギリシャ神話を共有していたものの、それぞれ崇める神は違っていました。

 

一方キリスト教は、全てを創った全知全能の存在を神と位置付けているわけですから、神は一人しか存在しません。キリスト以外の神を崇めるなど考えられないわけです。

 

だからこそローマ帝国でキリスト教が国教となった後は、複数の神の存在を認めるギリシャ神話やローマ神話などは「異端」とされ、排除されるようになりました。