ルネサンス時代の絵画の特徴とは?

 

ルネサンスは14世紀から16世紀にかけてヨーロッパで起こった古典文化復興運動です。

 

ルネサンス期を通して西欧絵画は革新を続け、レオナルドダヴィンチ、ミケランジェロなど人類史に名を残す画家が誕生しています。

 

ルネサンス絵画の特徴

ルネサンス最大の特徴といえば、キリスト教中心の世界の打破であり、絵画にはその影響がダイレクトに現れています。

 

ルネサンス以前のヨーロッパはキリスト教が中心の世界で、絵画においてもキリスト教絵画が中心でした。

 

しかしルネサンス時代に入ると、それまでタブー視されていたようなギリシャ神話をモチーフにした絵画も描かれるようになるのです。

 

その他古代のフレスコ画法が復活したり、人物の表情や姿勢に多様性が生まれたりなど、絵画様式にも革新が起こりました。