エチオピア戦争

エチオピア戦争は、イタリアが、豊かな資源を持つエチオピア獲得のために開始した侵略戦争です。第一次は1889〜96年にかけて、第二次は1935〜41年に書けて行なわれ、前者は敗れましたが、後者では勝利し、エチオピアの併合に成功しています。ただし最終的には第二次大戦中、連合軍の反撃にあい奪回されました。

 

 

エチオピア戦争の結果

第一次エチオピア戦争

1894年、エチオピアのウチアリ条約破棄を口実とした、イタリアによる軍事侵攻に端を発します。建国間もないイタリアがヨーロッパでの国際的地位を確立する目的がありましたが、イタリア軍は近代化の遅れた脆弱な装備しか持っていなかったので、あえなく返り討ちにされてしまいます。アジスアベバ平和条約で講和。

 

第二次エチオピア戦争

ファシスト政権時代の1935年、イタリア領ソマリランドとエチオピアの国境紛争を口実に再度エチオピアに侵攻。前回とはうって代わりイタリア軍の兵器は近代化を遂げており、終始エチオピア軍を圧倒、36年には首都アディスアベバを占領し、エチオピアを併合してしまいました。

 

エチオピア戦争の影響

イタリアによる一連の侵略戦争を、英仏らヨーロッパ列強らは当然警戒していたのですが、同時期ドイツの再軍備宣言が行なわれていたこともあり注意はむしろそちらに集中していました。また国連はイタリアの侵略に対し経済制裁を加えたものの、その内容は生ぬるく抑止力にはなりませんでした。結果ファシスト勢力の増長とナチス・ドイツへの接近に繋がり、第二次世界大戦の遠因の1つとなったのです。

 

 
ページの先頭へ戻る