ノルウェーではおやつに野菜を食べる?

以前とあるテレビ番組で、ノルウェー国内で提供されるハッピーセットの中身が意外な内容だったことが話題になりました。

 

日本と同様におもちゃがついてくるのですが、なんと生の人参がついてくるのです。

 

つまりハッピーセットのおやつについてくるほど、ノルウェーでは生野菜をおやつとして食べることが普通だということです。

 

まずノルウェーでは代表的な生野菜のおやつとして、人参があり、現地に行くと老若男女問わず、生の人参や鞘付きインゲン豆をポリポリ食べる姿が見られます。

 

ノルウェーにおける日常食「スナックニンジン」

ノルウェーのスーパーには小さく葉っぱのとれた指ほどのサイズの人参が袋に入って売られており、それを生のまま食べます。

 

名前もそのまま、現地語の「スナックニンジン」として売られているそうです。

 

また、日本ではスナップエンドウとして売られている鞘付きのえんどう豆も現地語で「砂糖エンドウ」という名前で売られており、これも鞘ごと生で食べます。

 

ノルウェー人の健康指数

おやつが生野菜、と聞くと、スナック菓子など市販のお菓子より健康そうに聞こえますが、実際にノルウェーの人々は健康なのでしょうか?

 

WHOが発表した2019年度の健康寿命ランキングによると、194か国中男女返金で14位にランクインしていました。

 

1位の日本との差はあるものの、ヨーロッパの中では高い方で、比較的健康的な国民性であることがうかがえます。