東ローマ帝国滅亡の理由は「鍵の閉め忘れ」だった!?

古代ヨーロッパで栄華を誇ったローマ帝国を継承する形で395年に成立した東ローマ帝国は1453年に滅びました。

 

約1000年続いた東ローマ帝国でしたが、最後は英雄メフメト2世率いるオスマン帝国によって滅ぼされます。

 

その最後は「城壁の鍵の閉め忘れ」によって滅んだと言われています。

 

今回は東ローマ帝国の最後の戦いとその原因はなんだったのかについて解説します。

 

 

東ローマ帝国最後の皇帝は誰?最後は敵めがけて突撃!

東ローマ帝国最後の皇帝はパレオロゴス朝第11代皇帝コンスタンティヌス11世です。

 

コンスタンティヌス11世は1405年に皇帝マヌエル2世の4男として生まれます。

 

幼少期から兄達よりも優秀であったこともあり、1423年にはオスマン帝国への対策のため首都コンスタンティノープルを離れていた時にはコンスタンティヌス11世が摂政として政治を行っていました。

 

コンスタンティヌス11世は兄達をよく助けていたと言われています。

 

1448年に兄の後を継ぐ形で皇帝となったコンスタンティヌス11世はオスマン帝国との平和条約締結に尽力する一方、1452年には西欧諸国からの援軍も受けるため長く対立していたローマ教会と正教会を統合させることを宣言しました。

 

しかし、コンスタンティヌス11世の政策はうまくいかず西欧諸国の援軍を得られないまま1453年にオスマン帝国が攻めてきました。

 

コンスタンティノープルの戦いではコンスタンティヌス11世は降伏することはせず最後まで戦うことを決めました。

 

開戦から2ヶ月ほど耐えましたが最後は城内に侵入していたオスマン帝国軍に突撃し行方知れずとなりました。

 

帝国最後の砦コンスタンティノープルとはどんな都市?

コンスタンティノープルは、330年にローマ皇帝コンスタンティヌス1世によって建設され、東ローマ帝国の首都として発展しました。

 

アジア・ヨーロッパ交易路の中継点に位置することから世界中の様々な物や情報が溢れる、有数の世界都市になりました。

 

また、正教会の首長がいるコンスタンティノープル総主教庁もあり宗教の中心でもありました。

 

東ローマ帝国滅亡後もオスマン帝国の首都として発展します。

 

現在でもイスタンブールにある世界遺産アヤ・ソフィアは、東ローマ帝国時代に建てられ正教会とオスマン帝国時代のイスラム教モスクが融合した建造物です。

 

コンスタンティノープルを守った「城壁は鍵の閉め忘れ」で無力となった!

東ローマ帝国の首都であったコンスタンティノープルには1000年の歴史の中で数多くの城壁が築かれました。

 

中でも有名なのが「テオドシウスの城壁」という壁です。

 

この城壁はテオドシウス2世の治世(在位:408年〜450年)に築かれたものです。

 

外壁と内壁の2層構造となっており、外壁の外には堀(現在は埋められている)まであったと言われています。

 

外壁は厚さが2メートル、高さが9メートル、内壁は厚さが6メートル、高さが12メートルもあります。

 

これらの壁は現在でも見ることができ、とくにトプカプ門とエディルネ門が綺麗に残されています。

 

この2つの壁のうち、東ローマ帝国が滅んだ原因と言われている「鍵の閉め忘れ」城壁ががエディルネ門です。

 

鉄壁を誇っていたコンスタンティノープルでしたが、この門の鍵を閉め忘れたことでオスマン帝国の兵士が侵入し帝国は滅んでしまったと言われています。

 

今となっては本当のことは分かりませんが、内通者がいた可能性も否定できません。

 
ページの先頭へ戻る