アルキメデスとは何をした人?〜「アルキメデスの原理」「てこの原理」の発見〜


アルキメデスの基本情報

 

生年:前287年頃
没年:前212年
出身:シラクサ
死没地:シラクサ
功績:「アルキメデスの原理」「てこの原理」の発見

 

アルキメデス(前287年頃 - 前212年)は古代ギリシャの科学者で、「アルキメデスの原理」や「てこの原理」を発見した人物として知られます。シラクサに生まれ、アレクサンドラで学んだのちに、シラクサの僭主ヒエロン2世のに仕え研究に励みました。そして入浴中に浮力に関する基本法則「アルキメデスの原理」を発見しています。「てこの原理」に関しては、原理を利用し海岸の軍艦を一人で引き揚げたとか、「私に立つ場所さえ与えてくれたら、地球すら動かせる」と豪語したなどのエピソードは有名です。第二次ポエニ戦争の際、シラクサに攻め入ってきたローマ軍の兵士に殺害され死亡していますが、この際に投石機など様々な兵器を考案しローマ軍を苦しませたといいます。

 

アルキメデスの偉業・功績

アルキメデス最大の功績といえば、アルキメデスの原理やてこの原理、円周率など数々の数学的・物理学的発見をしたことがあげられるでしょう。また兵器の発明でも有名で、第二次ポエニ戦争においては彼が考案した反射鏡や起重機(クレーン)、投石器によりローマ軍を大いに苦しめ、侵略を受けたシラクサは圧倒的な軍勢に対し3年も持ちこたえることができたといいます。(プルタルコス談)