イタリア料理の歴史を簡単に解説

イタリア料理は、現在では世界中で親しまれています。有名なパスタやピザをはじめ、「イタリアにはイタリア料理というものが存在しない」というほど、地域ごとに様々な料理が存在します。
では、イタリア料理はどのように発展し、広まっていったのでしょうか。ここでは、イタリア料理の歴史を簡単に解説していきます。

 

イタリア料理の発祥

イタリア料理の歴史はとても古く、紀元前の古代ローマ帝国までさかのぼります。古代ローマの人々は、食事にかける時間をとても大事にしており、特に位が高くなると、料理人を雇って客人に料理を振る舞う慣習がありました。その結果、料理人たちが腕を競い合い新しい料理をどんどん作り出していき、食文化が発展していきました。
また、イタリア料理はローマの発展とともに欧州各地へと広まっていきます。イタリア料理でよく使われるチーズも、当時は兵士の携帯食として使用されていたものが広まったそうです。

 

パスタやトマトの広がり

12世紀以降、手打ちパスタやピザが作られるようになりました。イタリア国内で小麦が多く生産され、簡単に小麦粉が手に入るようになったためです。16世紀には飢饉がきっかけで、長期的に保存できるように乾燥させたパスタも作られています。
もう一つ、イタリア料理で代表的なトマトは18世紀に食用として広まった結果、様々なイタリア料理に使われていくようになりました。

 

特色豊かなイタリア郷土料理の歴史

イタリアといえば、その土地にしかない郷土料理も数多くあります。これは、イタリアが1861年に統一国家となるまで、領内に多くの独立国家があったことが背景にあります。南北に長い地形から特産物や影響を受けた国も違いました。それぞれの国が独自の食文化を発展させていき、結果現在のイタリア郷土料理につながっているのです。