ビスマルク体制

 

ビスマルク体制とは、1878年から90年にかけて、ドイツ帝国のビスマルクが推進した外交政策およびそれにより構築されたヨーロッパ秩序のことです。三国同盟、三帝同盟、再保障条約などの軍事同盟を柱とし、フランスを孤立化させ再起を未然に防ぐとともに、ドイツの国際的地位向上を狙ったものでした。ビスマルク外交とも。