アメリカとオーストリアの関係

オーストリアはアメリカに植民地を持ったことはありませんが、アメリカ成立以前から少数のオーストリア人がアメリカに移住しコミュニティを作っています。

 

アメリカ独立戦争とオーストリア帝国の成立

オーストリアの前身である神聖ローマ帝国は、アメリカ独立戦争においてはロシアなどと武装中立同盟を結び、事実上アメリカを支援しています。

 

そしてアメリカ独立革命の成功は大西洋を越えてフランス革命を誘発し、ナポレオンの台頭から神聖ローマ帝国の解体、オーストリア帝国の成立に繋がっています。

 

アメリカとオーストリアは間接的にですが、互いの国の成り立ちに影響しているのです。

 

オーストリア帝国成立後の関係

1829年にウィーンに米国領事館が設立し、両国間で通商航海条約が結ばれるなど、経済・政治の関係は進展していきました。

 

しかし1914年に第一次世界大戦が勃発し、アメリカは1917年から途中参戦し、オーストリア=ハンガリー二重帝国に宣戦布告しています。

 

戦後は二重帝国は解体され、オーストリア共和国が成立し、1921年にアメリカとの間で平和条約が結ばれました。

 

1938年にナチスドイツに併合された後は国交断絶状態にありましたが、ナチスドイツ崩壊後は国交を回復し、アメリカ主導のマーシャルプランがオーストリア再建において重要な役割を果たしています。

 

以後両国は共和政という同じ理念を共有する国としておおむね良好な関係を続けています。