「イタリア料理といえばトマト」となったのはなぜ?

イタリア料理といえば、トマトがよく使われています。しかし、実はトマトがイタリア料理に使われるようになったのはわずか約200年前であり、とても最近のことなのです。ここでは、イタリア料理でトマトが使われるようになった経緯を解説していきます。

 

トマトの伝来

イタリアに初めてトマトが伝わったのは、16世紀中頃のナポリでした。トマトの原産地は元々南米で、コロンブスが新大陸を発見してからヨーロッパに伝来したのです。
しかし、伝わった当初のトマトは現在のように食用ではなく、貴族の観賞用の植物でした。当時はトマトが毒を持っていたベラドンナという植物に似ていたため、同じように毒を持っていると信じられていたためです。

 

食用としての広がり

トマトを初めて食べたのは、ナポリで貴族の庭園の手入れをしていた庭師であったと言われています。彼は飢饉に苦しみ、我慢できずに食べてしまったそうです。しかしもちろん毒はありませんでした。その後200年かけて、イタリアの気候や土壌がトマト栽培に適していたこともあり、18世紀頃には食用として広く普及していきます。そして、パスタや肉のトマト煮込みなど多彩なトマト料理が生まれていき、現代のイタリア料理へとつながっていくのです。