ロシア革命で掲げられたスローガンとは?

フランス革命のスローガンといえば、「自由・平等・博愛」ですが、ロシア革命ではどのようなスローガンが掲げられたのでしょうか?

ロシア革命の始まりである二月革命では、

 

「土地とパンと平和を」

 

というスローガンが掲げられています。

 

帝国政府が始めた第一次世界大戦の長期化で、ロシアは深刻な不況に陥り、日々犠牲者が増えていく中で、社会に厭戦ムードが蔓延していたためです。

 

その後ロシア帝政が倒れ、臨時政府が成立しますが、懲りずに戦争継続の方針をとったため、社会の大多数を占める労働者の怒りを買います。

 

そこで今度は

 

「全権力をソビエトへ」

 

というスローガンが掲げられ、即時停戦を求めるレーニン(ポリシェヴィキ)に支持が集まり、臨時政府が倒されました(十月革命)。こうしてソビエト政権が成立し、ロシア革命は完了を遂げたというわけですね。