フランスの有名な河川一覧【最長の川は?】

フランスの主要河川としてはロワール川、セーヌ川、マルヌ川などが挙げられます。ここではこれら主要河川の情報を簡潔にまとめています。

 

 

ロワール川(国内最長)

延長:1,012 km
水源:セヴェンヌ山脈
河口・合流先:大西洋

 

フランス中部を横断する国内最長の川。歴史的な城が点在するロワール渓谷の中部は世界遺産に登録されている。上流では水力発電所、下流では原子力発電所が稼働し、中流域ではブドウを主とした農業が営まれている。

 

セーヌ川

延長:780 km
水源:
河口・合流先:セーヌ湾

 

首都パリを通り、国内2番目の長さを誇る川で、イル・ド・フランス地方の重要な水源。パリはセーヌ川の中州シテ島を中心に発達・形成された都市でもある。かつてヴァイキングはこの川を遡り、パリを襲撃した。

 

マルヌ川

延長:514 km
水源:ラングル高原
河口・合流先:セーヌ川

 

パリ東部から南東部を流れる川で、セーヌ川の支流としてはもっとも長い。この川の河畔は第一次世界大戦中のマルヌ会戦の舞台となった。