コジモ=デ=メディチとは何をした人?〜学芸振興でルネサンスに貢献〜

 

コジモ=デ=メディチの基本情報

 

異名:イル・ベッキオ(祖国の父)
誕生:1389年フィレンツェにて
死没:1464年フィレンツェにて
地位:メディチ家当主/フィレンツェのゴンファロニエーレ(最高執政官)
政策:学芸の保護・振興によりルネサンス文化の発展に貢献

 

コジモ=デ=メディチ(1389年 - 1464年)は、イタリア・フィレンツェ出身の政治家で、メディチ家党首としてその後の一家繁栄の基礎を築いた人物として知られます。異名(称号)は文化・芸術振興で多大な貢献をしたことから「イル・ベッキオ(祖国の父)」。
金融業により莫大な富を築き、民衆からの人気を背景に1435年ゴンファロニエーレ(最高執政官)に選出。都市国家フィレンツェの支配者として君臨するようになりました。その治世において、対外的にはミラノやヴェネツィアなど融和政策につとめ、内政面では芸術保護、古典文学収集、哲学研究(「プラトン=アカデミー」の建設)など文化・芸術・学術に莫大な投資をすることで、イタリア・ルネサンスの中心地としてフィレンツェの国際的地位を高めることに貢献しています。