オーストリアの国名の由来

オーストリアの正式名称はオーストリア共和国。この国が共和制を採用する独立国であることを示しています。母国語のドイツ語で「レプブリーク・エースターライヒ(Republik Osterreich)」といいます。「オーストリア(Austria)」というのはドイツ語読みのエースターライヒを読みやすくした形です。漢字表記では「墺太利」もしくは「澳地利(略表記:墺)」、英語表記ではAustriaとなります。

 

オーストラリアとの語源の違い

このオーストリアという呼び名。オセアニアの「オーストラリア」とよく似ているので何らかの関係があると思われることが多いのですが、実は語源が全く違います。
オーストラリアというのはラテン語で「南の地」に由来していて、オーストリアというのはドイツ語で「東の国」に由来しています。ドイツ語を考慮したオーストリアの日本語表記「エースターライヒ」というのはost (東方)と mark (辺境地)から変容したOsterreich(東の辺境区)が語源になっているのです。

 

 
ページの先頭へ戻る