メディチ家が衰退した原因は?

かつてイタリアを中心に西ヨーロッパで名をはせたメディチ家が衰退した原因は何ですか?

メディチ家は15世紀後半のピエロ(1416〜69年)、ロレンツォ(1449〜92年)の代に最盛期を迎えますが、ロレンツォの死後、失政により市民の怒りを買い追放され、メディチ銀行も破綻するなど、衰退の一途を辿っていきます。

 

1512年にハプスブルク家の力を借りてフィレンツェに復帰し、1569年にはトスカーナ大公国を建設するも

 

ポルトガル・スペインの大西洋進出(大航海時代の開始)により、イタリアを中心とした地中海貿易が下火になったことで、かつてほどの地位が回復することはありませんでした。

 

そして17世紀には、北方で王権強化を進めるフランスが勃興したこともあり、メディチ家のトスカーナ大公国はもはやイタリアの一小国でしかなくなっていたのです。

 

こうして再興の機会もないまま、1737年、第7代トスカーナ大公ジャン・ガストーネが子孫を残さず亡くなったことで、メディチ家の歴史は終わりを見た

 

・・・という流れになります。