フランク王国が分裂した理由

フランク王国は、最盛期には、現在のフランス、ドイツ、イタリア北部、オランダ、ベルギーなどを含む、西ヨーロッパ全域を支配していました。しかしこの西ヨーロッパの統一というものは、カール大帝と、各地の諸侯の個人的繋がりに頼るところが大きかったので、彼の死後土地の権利をめぐり抗争が勃発します。その抗争の和平としてヴェルダン条約(843年)が締結され、王国領は「東フランク王国」「西フランク王国」「中部フランク王国」の3か国に分裂。さらに中部フランク王国を統治していたロタール2世が没すると、メルセン条約(870年)で中部フランク領が、東フランク王国・西フランク王国・イタリア王国それぞれに割譲されることとなり、東フランク王国はドイツ、西フランク王国はフランス、イタリア王国はイタリアへと発展していったのです。