発祥はやはりイタリア?ピザの歴史を知ろう

ピザは世界中で食べられている人気の食べ物ですが、発祥の地はどこにあると思いますか。やはり、イタリアでしょうか。ここではピザの歴史を紹介したいと思います。

 

ピザの原形は古代エジプトで誕生

ピザのルーツは、紀元前3000年の古代エジプトにあると言われています。古代エジプトでは当時から小麦を水で溶き、発酵させて焼いた物がすでに食べられていました。平らな丸い形にした後、石窯に貼り付けて焼いており、作り方や形がピザに似ています。

 

現在に近い形となったのはイタリア

16世紀のイタリアで、現在に近いピザが作られるようになりました。小麦粉の生地に、にんにくやラード、塩などを加えて焼いたものが始まりと言われています。ラードは元々パンを固くならないように使用していましたが、その後技術が発展し、よりソフトな生地でチーズや小魚などをトッピングして作られるようになりました。そして、17世紀にはトマトが伝来したナポリから、トマトソースとチーズを載せたピザも広まっていきます。

 

マルゲリータの起源

有名なピザの種類といえばマルゲリータですが、これも発祥はイタリアです。19世紀末、イタリア王妃マルゲリータがナポリを訪問し、そこでふるまわれたトマトソース、チーズ、バジルがのせられたピザを見て「イタリアの国旗に色合いが似ている」と、とても気に入ります。そこからマルゲリータと名づけられて人気となり、世界中に広まっていったのです。