ハプスブルク家のしゃくれ顎はなぜ?呪い?遺伝病?

ハプスブルク家は代々顎が“しゃくれ”ているそうですがなぜですか?一族にかかった呪いとか怖い話も聞きましたが…。

確かにハプスブルク家の当主には顎がしゃくれている者が多く、それは「ハプスブルク家の顎」と呼ばれています。

 

近年の研究ではこれは「呪い」などではなく、長年続けてきた近親婚の影響、つまり遺伝らしいことがわかってきています。

 

しゃくれの理由とは?

ハプスブルク家は権力を近親者で固めるために、政治的・戦略的に親戚同士の婚姻を繰り返していました。

 

「婚姻外交」がハプスブルク勢力を大きくしたのです。

 

しかし近親者同士で結婚を繰り返すと、どんどん血が濃くなっていき、特定の外形的特徴がより顕著に現れるようになります。

 

これが「遺伝」というものです。

 

ハプスブルク家の場合それが顎だったり下唇だったりしたわけで、酷い時には日常に支障をきたすほどの障害や奇形をもって生まれてくる場合もあったようです。(下顎前突症など)