ハプスブルク家最後の皇帝とは?

ハプスブルク家最後の皇帝は誰ですか?

神聖ローマ帝国が解体される直前まで皇帝位についていたのはフランツ2世(1768〜1835年)になります。

 

トスカーナ大公レオポルド1世とスペイン王女マリアとの間の子としてフィレンツェに生まれ、1792年に神聖ローマ皇帝として即位しました。

 

即位時はフランス革命の真っただ中であり、父レオポルト2世が前年行ったピルニッツ宣言がきっかけでフランスから宣戦布告を受け、フランス革命戦争が勃発しました。

 

その後のナポレオン戦争にも巻き込まれ、アウステルリッツの戦いでの惨敗をもって皇帝位の放棄を決意し、神聖ローマ帝国は名実ともに消滅したのです。

 

しかし代わりにフランツ1世としてオーストリア皇帝に即位し、ハプスブルク家は全盛期ほどとはいきませんが、オーストリアやハンガリーを含む広大な地域の支配者として引き続き君臨することとなります。