オランダ音楽の特徴と歴史

ここではオランダの音楽の歴史について紹介します。レンブラントやゴッホをはじめとして絵画の巨匠を多く輩出しているオランダですが、音楽の分野ではどんな発展をしてきたのでしょうか。

 

 

クラシック音楽

フランスやオーストリアを中心に中世ヨーロッパで勢いよく発展していった、いわゆる「クラシック音楽」の世界では、オランダには高名な音楽家はいませんでした。

 

19世紀のドイツ生まれの作曲家レントヘンや、オランダ生まれの作曲家ドッペルなどが、オランダの民謡や伝統的な舞曲を作品に取り入れていますが、残念ながら世界的名作とはいえない知名度で終わっています。

 

しかし他のヨーロッパの多くの国と同じく、気軽にクラシックの演奏会に行く文化はオランダにいまでも根付いています。

 

電子音楽

近年、オランダはEDM大国として知られるようになりました。特に「アムステルダム・ダンスイベント」通称ADEは、1995年に始まりましたが、いまや世界最大規模のダンスミュージックイベントです。

 

世界中から2000人を超えるアーティストと40万人以上の観客が参加し、国内の200以上の会場でイベントが行われます。

 

当然ながら高い経済効果も期待できるため、行政も音楽文化の発展に協力的で、オランダは近代音楽の中心地としての地位を確立しつつあります。今後もさらなる発展が期待できるでしょう。

 

おすすめの楽曲

Martin Garrix『Animals』

DJ MAG ランキングで史上最年少一位を獲得し、平昌五輪閉会式でもパフォーマンスを披露したオランダ出身のDJ Martin Garrix のデビュー曲。

 

Marco Borsato『Mooi』

オランダの人気歌手Marco Borsato による、美しいMVも印象的なバラード曲。