ルネ・クレールとは何をした人?〜サイレント映画時代を代表する映画監督〜

 

ルネ・クレールの基本情報

 

本名:ルネ=リュシアン・ショメット
誕生:1898年フランスにて
死没:1981年フランスにて
代表作品:『イタリアの麦わら帽子』『巴里の屋根の下』

 

ルネ・クレール(1898年 - 1981年)はサイレント映画時代を代表するフランスの映画監督で、『イタリアの麦わら帽子』『巴里の屋根の下』などを代表作に持つ、詩情と風刺が融合した作品を作ることで知られます。パリに生まれ、はじめは俳優として映画界に入りましたが、『眠るパリ』(1923)を作ったのを皮切りに映画監督に転身。27年フランスサイレント喜劇の傑作と評される『イタリアの麦わら帽子』 を公開しています。そして30年公開のトーキー映画デビュー作『巴里の屋根の下』が国際的な評価を得て、一躍有名監督となったのです。第二次大戦後も数々の秀作を輩出し、1960年には映画人としては初のアカデミー・フランセーズ会員となっています。