スペイン領の島

スペイン王国が地中海や大西洋に領有する島についての情報をまとめています。

 

 

カナリア諸島

海域:大西洋
面積: 7,447平方キロメートル
人口:200万人

 

「大西洋上のハワイ」とも呼ばれる、アフリカ大陸の北西沿岸に位置する島。島名はグラン・カナリア島のラテン語名「Insula Canaria」に由来。「犬の島」という意味で、その由来はかつてここにアザラシ(ラテン語で「海の犬」)が生息していたため、という説と、島に多くの野犬が生息していたため、とする説がある。アラブ人、ノルマン人、ポルトガル人などの支配を経て、15世紀末以降はスペイン領となった。

 

バレアレス諸島

海域:西地中海
面積:4,992平方キロメートル
人口:約120万人

 

2つの群島と大小の小島で構成される諸島。地中海の出口に位置する戦略的要所のため、近代以降、この島の領有を巡り列強諸国による紛争が少なくなかった。

 

アルボラン島

海域:地中海西部アルボラン海
面積:0,0712 平方キロメートル
人口:21人

 

アフリカ・モロッコから約50kmの位置にある島。スペイン海軍基地と灯台くらいしかない非常に小さな島で、住民は全てスペイン海軍の軍人。